kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出と幾何学模様の迷路

東照公御遺訓


我が弟へ
f:id:kemoxxxxx:20160206232555j:image
                                                              兄より
____________________
人の一生は重荷を負うて遠き道をゆくか如し 
いそくへからす
 不自由を常と思へは不足なし 
こころに望おこらは困窮したる時思ひ出すへし 
堪忍は無事長久の基
いかりは敵とおもへ
勝事はかり知りて
まくる事をしらされは害其身にいたる 
おのれを責て人をせむるな
及はさるは過たるより まされり

慶長(けいちょう) 8年1月15日 家康公

____________________

自らが辛いとき、自らに言い聞かせてます。

*人の一生というものは、重い荷物を背負って長い道のりを歩くようなものだ。
急がなくともよい。
自由が利かないのが当たり前と思っていれば不足事もない。
欲求が出たなら苦しい時を思い出そう。

堪え忍ぶことは長く平穏に過ごすもととなる。怒ることはしてはいけない。勝ってばかりで負けることを知らないことは結局自分の為にならない。
自分の非を責め、他人を責めてはいけない。
何もせず過ぎてしまったことよりも、届かなくとも努力することの方が大切だ。


共に頑張ろうではないか!兄弟で!