kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出と幾何学模様の迷路

ドラッグストアカウボーイ

f:id:kemoxxxxx:20150413065353j:plain
1989年公開

出演 マット・ディロン(ボブ役)
        ケリー・リンチ(ダイアン役)
        ヘザー・グラハム(ナディーン役)
        ジェームズ・レグロス(リック役)

題名の通りドラッグが主体の映画。
80年代終わり頃の、少し古臭い所がこの映画の魅力だ。
ストーリーは麻薬の魅力と恐怖の両面を描いた内容。
ボブ以下四人はドラッグストアを襲い、毎日ドラッグ漬けで、警察から追われる日々。
ボブとダイアンには、ジンクスがあり、それを破るな!とリックとナディーンに言い聞かせる。
一つは犬の話をすること、理由は長くなるので映画を観て欲しい。
二つ目はベッドに帽子を置くこと。
三つ目は鏡の裏を見るな。
鏡の裏は自分の後ろ姿であり、心の奥底であるから、見てはいけないらしい。
ジンクスを破ると、30日間ツキを逃し、
最悪災いは15年続くと。
ナディーンはボブを嫌っていて、ある日ベッドに帽子を置いてしまった。
その夜ボブとダイアンとリックは病院を襲うが、失敗。
終いには彼らがモーテルへ帰ると、ナディーンは死んでいた。致死量以上のヤクを飲んでしまったから。
彼らは死体を埋め、ボブはこの生活に足を洗うことを決意する。

ドラッグをテーマにした映画は数々あるけど、私はこの映画は外せない。
マット・ディロンはこの映画で賞を取った。
ドラッグ映画を沢山観てきたが、大体は破滅して終わる。
だがこの映画は、この先はどうなるのだろうか…?
と、考えさせられるエンディング。
続きを観たい!と。

ボブ役のマット・ディロンは麻薬をやめることを決め、麻薬治療を受けながら働き始めるのだが、彼女役のダイアンがそんなボブに呆れて、リックの女になり、ドラッグストアを襲い麻薬を続けるのだが、、、。
真面目に働き、治療を行うボブのアパートにダイアンが一人訪れる。
ボブはダイアンを愛していた、ダイアンもボブのことを愛していた、
しかし、彼女は麻薬をやめられないのだ。
「俺の所へ戻って来ないか?」
ダイアンは一旦立ち止まり、後ろ髪を引かれながらも、ボブの元から去る。
このシーンがなんとも言えない、
さみしさ、悲しさを感じさせる。

外人は本当ダウナー系ドラッグが好きだ。
日本人はスピード、シャブ。
なんでだろうか?
ヘロインやマリファナ、ダウナードラッグは意識が朦朧とし、確かに天国へ昇る位の気持ち良さらしいが。
俺もどちらかと言えば、アッパー系のドラッグが好きだ。
躁状態になりたいから、だと思う。

エンディングはデズモンド・デッカーの
ISRAELITESだ。
f:id:kemoxxxxx:20150415081037j:plain
この曲なかなかいい。
レゲエが好きな人は知ってるだろうが。

そして、この映画で最高にとべるヤクが、ディローディドらしい。
ディローディドは鎮痛剤でガン治療の痛みを和らげる位の強さで、非常に中毒性が高いらしい。
確か、マイケルも使ってたのでは?
デメロールの大量投与という話も聞いたが、この映画でデメロールを手にしたボブは、なんだクソ!デメロールかよ!と言ってる。
だからマイケルはディローディドだったんじゃないか?

ドラッグストア・カウボーイ ―デジタル・レストア・バージョン― [DVD]

ドラッグストア・カウボーイ ―デジタル・レストア・バージョン― [DVD]

Israelites: Best of Desmond Dekker

Israelites: Best of Desmond Dekker