読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出と幾何学模様の迷路

Zガンダム レクイエム 14

14人目。

ヘンケン・ベッケナー

f:id:kemoxxxxx:20161007000454j:image

階級はエゥーゴ中佐。

一年戦争時は宇宙輸送船スルガに搭乗。

 

ゼータ登場時はブレックス准将の片腕として、

アーガマの艦長を担っていた。

それにしてもエゥーゴの指揮系統はどうなっていたのか?

ブレックスに次いでナンバー2がヘンケンと思われる。

 

他にもサラミス改級の戦艦はあった。

モンブランなどその一つで、撃沈されたが艦長は他にもいた訳で、佐官級の人物が搭乗していたと推測。

 

しかし実質ナンバー3は(ブライトが来るまで)、クワトロ大尉である。

何かおかしな階級である。

 

しかも縦社会な軍隊であるはずが、

エゥーゴには規律がなさ過ぎるw

 

ブレックスバスクティターンズのことを、「私兵なのだよ!わたくしの軍隊なのだよ!」と言っているが…

エゥーゴとてどうだか?ただの反乱軍に過ぎない。でもそれを言っては終い。

 

それは、カミーユアーガマに来てから尚更酷くなるw

それをブレックス、ヘンケン、クワトロは止められずw

無断出撃当たり前のカミーユw

しかしカミーユは罰せられなかったw

 

ヘンケン辺りがビシッとしなければならないのだが、何せクワトロがシャアと分かっているので、妙に一歩引いた立ち位置にいる。

 

ヘンケンさん!あんた軍でナンバー2なんだぜ?

そんなヘンケンさんにも好きな人が出来る。

f:id:kemoxxxxx:20161006235755j:image

エマ中尉であるw分かる気はするが…

自分もエマ中尉好きなんで。

 

ブライトがエゥーゴに加入して何故か大佐に昇格。

自身は中佐のままだが、タメ口であるw

 

ブライトがナンバー2だなんて位置でも無い。

ブレックス准将が亡き後はクワトロがエゥーゴを引っ張って行くことに。

 

何故大尉が?

せめて昇級はさせないのか?

どうなってんだ?エゥーゴ

 

そんなことはまぁ、いい。

ヘンケン中佐の話をしよう。

実質ブレックス准将の片腕だったヘンケン。

巨漢であるもざっくばらんで愛に殉じたエゥーゴきっての「漢」であった。

ブライトがアーガマに乗ることになり、ヘンケンは新造戦艦ラーディッシュの艦長に就任する。

 f:id:kemoxxxxx:20161113235654j:image

戦闘では度々ピンチになったアーガマを庇うなど、ヘンケンならではの熱い指揮とラーディッシュの底力を魅せた。

 

序盤の話では、戦闘が始まってもノーマルスーツを着ないヘンケンを心配するレコアだが「やられるつもりはない、着るものか!」と見得を切る。

ヘンケンの”漢”っぷりが登場早々から炸裂したのだった。

 

ヘンケンと言えばエマとの恋のゆくえだ。

エマ中尉がティターンズを寝返ってから、好意を寄せる大男ヘンケン。

 

エマにお茶を誘うが作戦前だからと断られる。クルーから「タイミングが悪いんだよな」とからかわれる始末w

 

アーガマに戻るレコアにエマへのプレゼントを託すヘンケン。

「いいから、もってけ」と俯く大男。

なんともキュートな仕草である。

渡されたエマのほうは困り顔であったが……

 

核パルスエンジンを点火に赴くエマを心配するヘンケン。

「君が赤ちゃんを産めんようになったら……」とセクハラまがいの発言w

f:id:kemoxxxxx:20161213191131j:image

キャプテン、愚直すぎます!

 

第23話のフォン・ブラウンを巡っての攻防から参戦したラーディッシュは、物語後半でアーガマとともに数々の死線を潜り抜けていった。

 

ヘンケン艦長搭乗ラーディッシュはアイリッシュ級戦艦である。

ブライトが乗るアーガマは強襲宇宙巡洋艦である。

 

Z、百式といったアーガマの搭載機と比べると見劣りするが、主砲、各種兵器などラーディッシュ自体のほうが上。

エメラルドグリーンというエゥーゴ色もとても美しい戦艦である。

 

そんなエゥーゴ主力艦隊のラーディッシュと共に、

ヘンケン艦長以下クルーの死がやって来た。

艦長としてどうか?という行動をとってしまうことになる

ヘンケン艦長。

如何なものか?

 

俺はヘンケン艦長の最期の行動に漢を見た。

しかしクルーを艦隊をエゥーゴを守り戦う為には、エマ中尉を救うべきではなかったのだ。

そこは賛否両論ある。

 

最終戦、エマのMk-Ⅱはヤザンハンブラビに絶体絶命のピンチに陥っていた。

ラーディッシュのクルーは、ヘンケンが躊躇う事を見越し、

クルー「艦長!ラーディッシュをMk-Ⅱへ接近させます!」とラーディッシュ自らエマの盾になることを進言する。

f:id:kemoxxxxx:20161217235919j:image

ヘンケン「駄目だ!ラーディッシュは……」

と、一度躊躇ったヘンケンだが、

愛する人を守るべく、ヘンケンはラーディッシュを盾とする。

 f:id:kemoxxxxx:20161217235710j:image

 エマ「ヘンケン艦長!無茶です!撃沈されます!」

ヘンケン「中尉が無事ならいい!ラーディッシュを盾にしろ!」

だが機動性に乏しい戦艦など、ヤザンにとっては赤子同然。

f:id:kemoxxxxx:20161218000346j:image

ラーディッシュの砲撃はヤザンには当たらない。

 f:id:kemoxxxxx:20161217235956j:image

ヘンケン「何故撃ち落とせん!」

ヤザン「墜ちろー!」

 f:id:kemoxxxxx:20161218000513j:image

f:id:kemoxxxxx:20161218000728j:image

f:id:kemoxxxxx:20161218000758j:image

f:id:kemoxxxxx:20161218000630j:image

ヤザンによって撃沈されたラーディッシュのブリッジでは、薄れゆく意識の中でヘンケンはエマの無事を確認。

f:id:kemoxxxxx:20161218000608j:image

ヘンケン「エマ中尉……」

安らかな顔で息を引き取った…。

 

結局、ヘンケンは「女一人の為に戦艦を沈めた」ことになった。

しかし「中尉が無事ならそれでいい!」と言った、ヘンケンはスゲーカッコ良かった。

 

さらばヘンケン艦長。