kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出と幾何学模様の迷路

マクラーレンホンダ

2015年から期待されていたマクラーレンとホンダのタッグ。
f:id:kemoxxxxx:20150628110026p:image
昨年からV6ターボとエンジンの規定も大きく変わった。
しかし、今シーズンアロンソとバトンの強力ドライバーなのに、現時点ではバトンのモナコでの8位4ポイントのみ。

第2期ホンダ、エンジン供給のみの、あのマクラーレンホンダの強さ。セナとホンダの強さ。
f:id:kemoxxxxx:20150628105457j:image
セナが居なくなって、ホンダも力を失った。
あの86年から92年は夢物語だったのではなかろうか?
あの強いエンジンを作った時代から思えば、今のホンダは慢心、怠慢とも思える。

F1で強さを発揮するにはやはり、ホンダのように撤退したり、参入復活したりするのははっきり言って駄目なんだと思う。
メルセデスルノーも何十年単位でF1に参戦してる。
フェラーリに至ってはF1から離れたことは無いし。

ホンダ第3期はコンストラクターズで参戦したが、BARが離れ、純ホンダワークスになったら、バトンとバリチェロをしても勝てるどころか、常に後陣をきしての苦しいレースだった。

そしてホンダが撤退し、ブラウンGPになったら、メルセデスエンジンを積み、バトンがワールドチャンピオン、コンストラクターズも獲った。
シャシーはホンダが開発したのだが、仮にホンダが撤退せず、あのシーズン戦ったとしても、バトンもバリチェロも勝てなかったんじゃなかろうか?
そう思わせる位、ホンダエンジンは地に堕ちたと言わざるを得ない。

私はホンダが大好きだ。
しかし、経営面で一般車を作っても魅力のある車を販売していない。しかもリコール問題か尽きないときたもんだ。

今年のマクラーレンホンダはもう無理だろう。アロンソも2016年が勝負と、今年は諦めムード。
いや、もしかしたらアロンソもバトンも、ドライバーとして旬が過ぎたのかも知れない。
マクラーレンは老舗常勝チームでなければならないし、となれば。
ドライバーも一新、ホンダにも見切りを付けないとも限らない。

スタードライバーが居なくなってくると、F1人気も終わりだろう。
フォーミュラEが注目されているし。
日本人ドライバーは出てくる気配は無いし。
マクラーレンが好きな私としては、もうF1を見る気も失せてくる。
マクラーレンロン・デニスもあの強いホンダエンジンの幻影に惑わされているのかも知れない。
メルセデスレッドブルが強いのは嫌いだし。
今年のF1は冷めた目で見ている。
期待していただけに残念でならない。