kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出と幾何学模様の迷路

キラメキの中で…

BUCK-TICK 命 25

 

「キラめきの中で…」

 

 BUCK-TICK キラメキの中で... - YouTube

 f:id:kemoxxxxx:20160927164116j:image

LIVEでよく歌う歌。

B-Tのメンバーにも拘りがあるのか?

俺も大好きなナンバー。

 

のちのLIVEアルバムでよく登場する。

「愛」と「死」を強く詞で表す、

あっちゃんだが。

とても「死」や「自虐」「暗闇」を強く感じる歌。

とくにこの曲ははかなりドロドロして、恐怖こそ感じる。

 

そこが好きでね。

旋律も大好き、まさに戦慄を思わすが。

アルバム「狂った太陽」でダーク感を一層増した、BUCK-TICK

そして「殺しの調べ」で更に深い漆黒へ闇へと。

 

「キラめきの中で…」は、

アルバム「danker than darkness」

によりさらに深まった。

f:id:kemoxxxxx:20160927163544j:image

今井遊びが進化しておりノイズを駆使して、あっちゃんのボーカルはエフェクトを多用している。

これでこそB-Tサウンドと言わんばかりに惜しみなく。

 

「ケロイドの僕は歌う」

ケロイドの男が登場する。

キラめきの先は死。

一瞬のキラめきの後にはしか待っていないのである。

 

B-Tサウンド屈指のソング。

ナンバー1だと評するファンも多い。

 「キラメキの中で…」

 

僕はこの歌に紛れも無い”死”を感じた。

「誰も彼もがキラメキになる」

「逃れられないキラメキになる」

 

重たく、汚れたノイジーな歌には忌まわしいほどの癖になる雰囲気が漂う。 

 

この後、キラメキの先に「die」が続くのである。

この流れこそB-Tの最高傑作の由縁である。