kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出

Zガンダム レクイエム・4

4人目はブラン・ブルターク
(画像は古く見辛いですが、ご了承ください)

連邦軍の少佐です。
f:id:kemoxxxxx:20160428030150j:image
アッシマーを愛機にしてます。
登場時は連邦軍の一点モノの、MSでしたので強い。

f:id:kemoxxxxx:20160428030203j:image
何せカミーユの宇宙行きを二度も阻んだ男ですから、一癖も二癖もあった軍人でしたね。

f:id:kemoxxxxx:20160428030505j:image
ブラン指揮下のスードリーはティターンズと別行動で動いてたと思われ、カラバ追撃に集中してました。

カミーユとクワトロを苦戦に追い込んだりと、パイロットとしての腕はそこそこだったのでしょう。
f:id:kemoxxxxx:20160428030525j:image

ガンダムMkⅡ と百式が苦戦したのは、アッシマーの可変モビルアーマーが地上戦で有利な機体だったのだろう。
f:id:kemoxxxxx:20160428030233j:image

ケネディ空港でシャトルと歴戦の兵、
ロベルトを撃破したが、
f:id:kemoxxxxx:20160428030624j:image
アポリーのシャトルの打ち上げはガンダムMkⅡと百式で阻止される。
f:id:kemoxxxxx:20160428030307j:image
その後ケネディ空港はブランの下に置かれ占領される。

ブランはアウドムラ追撃の手を緩めない。オーガスタ研究所はロザミアを派遣したが、オークランドの研究所もアウドムラを追い詰める。

ハヤトはヒッコリーに急ぐが、追撃は来る。

ハヤト「オークランドのニタ研が?」

ハヤトは早くにもカミーユとクワトロ達を宇宙に上げる準備を進める。

ロザミアはギャプランに搭乗し、
ブランのスードリーと合流する前にアウドムラと接触し、戦闘になる。
f:id:kemoxxxxx:20160501041111j:image
ロザミアギャプランはスードリーに収容される。

ロザミア「収容していただいてありがとうこざいました」

ブラン「やむを得ないさ、ギャプランに慣れていないのだからな。この作戦で慣れることだ。しかしアウドムラの足を止めてもらえて助かる」

f:id:kemoxxxxx:20160501041151j:image
ブラン「こんな高度で苦しくないのか?」
ロザミア「自分の肺は強化されてます。大丈夫です」

酸素ボンベ吸入をしながら話しをしていた。
ブランは地球人だから、身体能力はスペースノイドとは劣るのかな?
逆だと思うけどね。普通は。
このシーンは何だろね。

第1波のあと第2波をすぐかけるブラン。
f:id:kemoxxxxx:20160501041226j:image
ブラン「ロザミア・バダムか、予定通りの能力を発揮しつつあるようだが、強化人間として成功したのか?出る!」

クワトロはカミーユと応戦をする。
f:id:kemoxxxxx:20160501041240j:image
ブラン「宇宙人はソラにいれば良かったんだよー!」
と叫んだところを見ると、スペースノイドに反感を持っていたに違いない。

ドダイも無い、ガンダムMkⅡと百式は苦戦する。
f:id:kemoxxxxx:20160501041313j:image
ブランはアウドムラを落とす寸前だったが、アムロの乗った輸送機突撃ごときで、全機撤退をする。

何故?
第2波をかけた意味が分からない。
アッシマーがパワーダウンしてたのかねぇ。

アッシマーは高性能高機動だが、圧倒的なパワーユニットを必要するのだろう。
体制を崩されただけで、撤退とはチョイ情けなく無いか?
まぁ、台本だから仕方ないか笑。

その後スードリーへ帰ったブラン。
ブラン「輸送機ごとぶつかってくるとはな…」
f:id:kemoxxxxx:20160501041422j:image
ロザミア「少佐!少佐のおかげです、こうしてギャプランの修理も出来ますのは」
f:id:kemoxxxxx:20160501041402j:image
ブラン(強化人間の癖か?同じことを何度も…)

ロザミアはブランに抱きつく。
f:id:kemoxxxxx:20160501041411j:image
こんな美女に抱きつかれたら、強化人間と言えども鼻の下が伸びるのだが、ブランは至ってクール。

その後カツがMkⅡで無断出撃をし、ロザミアと交戦。
f:id:kemoxxxxx:20160501042218j:image
ロザミアのギャプランを撃破した。
f:id:kemoxxxxx:20160501042235j:image
脱出ポットで放たれたロザミアを見て、
クワトロは「誤解の生んだ想念が放出されたと思いたいな」と言い放つ。
f:id:kemoxxxxx:20160501042253j:image
ロザミアが敗れたことを知って、ブランは「ロザミア・バダム…先走って敗れたか、強化人間…使い物になるのか?」


5人目、ブランの直近の部下。
f:id:kemoxxxxx:20160501043753j:image
彼も連邦軍の士官・大尉である。
ブラン亡き後はスードリーを引き継ぐ。
f:id:kemoxxxxx:20160501044025j:image
そしてアウドムラ追撃を止めず、
ホンコンシティ沖でウッダー大尉はアウドムラに特攻をかけ、部下達と共に爆炎の中に消えた。
彼はムラサメ研究所のナミカー・コーネルと恋愛していた、という原作の設定があるのだが…
f:id:kemoxxxxx:20160501043950j:image
このキャラ、あまり好きではないのでウッダーに関してはここで終わりにしたいと思います。
理由は駄目駄目軍人でしたから…
この人本当にブランの副官なの?ってくらいに思える人物でしたので。
でもサイコガンダムに無謀にも乗って出たこともある、訳がわからんw


話をブラン少佐に戻す。
ブランはヒッコリーでアウドムラ捕捉をする。
またもやクワトロと百式の乗ったシャトルの打ち上げを阻止するが、カミーユは宇宙にいかせなかった。
f:id:kemoxxxxx:20160501043449j:image
ブランの力はカミーユを圧倒していた。

しかし、目覚めたアムロリックディアスの一撃がアッシマーの胸元を直撃!
f:id:kemoxxxxx:20160501043313j:image
アムロカミーユを助けなければ、カミーユはブランに撃破されていただろう。

ブラン「アッシマーがぁー!」
f:id:kemoxxxxx:20160501043257j:image
ブラン最後の台詞。

これはとても印象深い言葉になる。

地球連邦軍にこの人あり!
アッシマー駆ける豪気なる佐官。
f:id:kemoxxxxx:20160501043702j:image
ここが重要!
アムロを目覚めさせた人物、
それはカツやカミーユ、そしてシャア。

f:id:kemoxxxxx:20160501043605j:image
ブラン・ブルターク以外の何物でもない。