読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出と幾何学模様の迷路

北国放浪

ミュージック・音楽
歌/森田公一とトップギャラン
f:id:kemoxxxxx:20160222033513j:image

レコードを整理してるんですが、
ジッと魅入ってしまったレコードです。

懐かしいです。( •́ .̫ •̀, )
母が何度もかけてました。

森田公一さんと字違いで、ぼくと同じこういちで記憶に強く残ってます。

森田公一さんは北海道留萌市の出身で、北国についての歌をよく歌われてました。
作詞が阿久 悠さん。
さすが阿久 悠さん!といった心を打つ詞、
曲も力強く歌われていて、とても耳に残る歌なんです。

この「北国放浪」は北海道NHKの番組で使われていたのも覚えています。
ぼくが子供の頃です。3、4才か?

youtubeで聴こうと思ったら、アップされていませんでした。(。´・ω・)

森田公一とトップギャランと言ったら、
「青春時代」が有名ですから。

さて久々に聴いてみます、、、
このレコードを聴くと涙が出てきます(T ^ T)

北国放浪
作詞 阿久 悠 /作曲 森田公一/編曲 森田公一
名もない花の言伝てを 青葉のかげでみつけたよ
みじかい春に咲き誇る けなげに見える北の花
さらさら風の砂山で 石ころひろいたわむれる
お前よ涙がにがいなら 
思いのままに追って来い
思いのままに追って来い

悲しいものと思うなよ ひとりの旅の男には
傾く夏の黄昏が 何より似合うものなのさ
むらさき色の湖に 束ねた手紙投げすてて
お前よ心があるのなら
未練と言わず追って来い
未練と言わず追って来い

くちびる凍る北風に 旅路の歌は凍えても
人恋う胸はあかあかと 真赤な炎もえさかる
人影たえた北の駅 海鳴りだけが出迎える
お前よ勇気があるのなら
ここまで俺を追って来い
ここまで俺を追って来い


お母さん、プレイヤーでレコードかけてるよ´◡`