kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出と幾何学模様の迷路

母の残した画 4

f:id:kemoxxxxx:20151016040804j:image
エリザベス・テーラークレオパトラだと思います。
こうした画を母は色々出展していました。

その当時僕は、というと、母には関わらず、
一人遊び惚けていました。
ごめん、お母さん…( ; _ ; )グスン

母は人物画が得意でした…。

僕も人物画を描こうとチャレンジするのですが、一向に上手く描けません。基礎がなってないのでしょう。
でも絵を描くことは僕の特技でもあります。

母にビッシリ教わっておくべきでした。

母との思い出は忘れることが出来ません。

今から13年前に、
東京にてフェリー内で、あるパーティーがありました。
そこで孔子の末裔、孔健さんと会いました。僕が撮りました。
f:id:kemoxxxxx:20151016041532j:image

この頃の母は生き生きとしてました。
しかし、10年ひと昔ですね。
あーあ、時が過ぎるのは早いですね〜
お母さん!目が半開き!僕のカメラ撮影が下手だということです(汗)。

このパーティで孔健さんと少し話せる事が出来ました。さすが孔子の末裔の方だと緊張して会話させていただいたのを覚えています。

しかしこのパーティ、いわゆる合資会社の集まりでして、孔健さんは広告塔として使われたんだと思われます。

孔健氏はその後ビートたけしのTVタックルや、朝まで生テレビなど出演なさっているのをテレビで拝見しました。

今でも発刊してるか分かりませんが、孔健氏が直々に携わっていたチャイニーズドラゴンという新聞があり、当時熱心に読んでました。

母を合資会社に取り込んでしまい、後悔してます。

でもあの時の母、僕、弟の三人はやる気満々で、輝いていた一瞬でした。