kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出と幾何学模様の迷路

メンタルクリニックと春翠書道教室十日目

今日も不安に駆られながらの、
いつも先生に何て言うか、考えてしまうのです。
最近の症状は躁鬱がグワングワンと波打つ感じで繰り返され、辛い日の方が多いです。

良い先生なんですが、ツッコミが鋭く、強めに言われることもあって、なんか悩んでしまうのです。

そう先生に言えばいいんですが、言えずじまいでいつも終わってしまいます。

呼ばれました。
少し深い話をしました。
先生も人間です、疲れていらっしゃるんでしょう、あまり僕の話しを聞いてくれていない感じでした。

「薬減らして、様子見てみるか?」 
先生の言う通りにするしか、ありません。
僕としては鬱状態のほうが長く続くので、覚醒出来る薬はないですか?と聞いたら、
「それはもう覚せい剤しかないでしょ」
ブッ!www

先生の口から覚せい剤が出てくるとはw

「ウチはそういった薬ださないからね」
当たり前だよ〜ww

やっぱ薬に頼らず、自分の考え方と気持ちを変えていくしかないか…。
先生が言うのはもっともだ。

とりあえず薬は減薬、、、っと。
様子見たいから、とのことで次は二週間後になった。

自宅に戻り、着替えと筆の手入れを行なって札幌駅へ急ぐ。

今日のお題は「外」。外に出るのが怖いのに、今日は外かよw
f:id:kemoxxxxx:20151024012854j:image

生徒さんは10人。
周りの生徒さんが気になる。他人の目線が突き刺さる…。
男は自分一人だけだし、話す人がいない。
黙々と「外」を書いていく…。
f:id:kemoxxxxx:20151024005742j:image
f:id:kemoxxxxx:20151024005757j:image

縦の身体全体を使って、筆を引く、のが難しい。そして穂先の使い方。
穂先を離さず、留める。
先生(叔母)から指導を受ける。

少しまともな清書を書き終えて終了です。
f:id:kemoxxxxx:20151024010118j:image

まぁ、「外」は簡単な方な字かな?

相変わらず、筆が震えるが、スピードをつける事によって上手く筆を動かすことができる。
スピードつけ過ぎると失敗する。
練習、練習しかありません。

生徒さんが続々と帰り、後片付けして叔母と地下鉄へ乗る。
叔母は一人で楽しく、僕に話しかけていた。
うんうん、と聞く。

ちょっと疲れるかな?

もう今年も終わりに近づいて来た、早いなぁ〜

八王子に住んでる、従兄弟(叔母の息子様)の兄ちゃんからメールが来た。
色々と相談したいことがあり3日前にメール送ったんだっけ。
兄ちゃんも大変お忙しいですね〜

買い物をたんまりして、灯油を買ってタンクに入れておいた。
ストーブつける季節。
寒いよ、札幌は。

今日も眠れないかな?
なぁ、パンジ。。。
f:id:kemoxxxxx:20151024021752j:image