kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出と幾何学模様の迷路

歯磨き粉

(」゚Д゚)」オ────イ!! ドレイクーーー!

 

僕は以前から、何も気にせず何十年も市販の歯磨き粉を使っていました。

 

ところが最近知ったんです。

そこらで売られている歯磨き粉は良くない!って!

 

何が良くないって?

一番の悪は「フッ素」。

f:id:kemoxxxxx:20170525140628j:image

フッ素は「歯」を強くするって言われて、今でも歯医者で使われています。

歯医者はフッ素塗布を勧めてきます。

特に子供に。虫歯予防目的とばかりに。

ところがそれが怖いところ…。

 

虫歯は口の中が酸性になり出来るもの、それであればアルカリ性で口内を中和してやればいい。

虫歯予防は「重曹うがい」で事足りるのです。

ところが歯医者に重曹うがいの使用の是非を聞いてみると、ほとんどの医者が顔を曇らせ、その行為はお勧め出来ませんと言ってくる。

重曹うがいに効果があることを知っているからです。

重曹なんて使われたら商売上がったりですからね!

 

使用方法ですが、重曹うがいは500mlの水に3gの食用重曹を入れ、溶かして使用して下さい。

作り置きしたペットボトルは冷蔵庫で保管しておけば大丈夫です。

口の中に入れたら普通にクチュクチュと20〜30秒間ゆすぎます。

重曹うがいをすると口の中がサッパリすっきりします。

歯のホワイトニングに重曹歯磨きは週に一回位で良いです。

毎日やると逆効果でエナメル質が削られていくのでこれはこれで良くありませんので注意です。

あと重曹は必ず食用を使用して下さい!

100円ショップにある、ケーキを作る時に使うベーキングパウダーでも良いですし、薬局に置いてある炭酸水素ナトリウムでもOKです。

 

まぁ、フッ素について検索すると嫌なことしか上がってきません。

フッ素の歴史を調べると元は猛毒な毒物だったことが分かります。

何故こんなものを口内に使用するのか、疑問ですな。

 

いわゆる抗がん剤と同じで、病気の患者を増やす目的にあると個人的に僕は見ています。

抗がん剤も元はベトナム戦争の副産物であり、毒ガス兵器である枯葉剤マスタードガスから作られた猛毒です。

だから抗がん剤もがんには効きません。

アメリカは癌の三大療法「化学療法」「放射線療法」「手術」に効果が無いとやめています。

フッ素も発がん性物質が含まれているので、長く多量摂取していると健康被害の恐れが予想されます。

国民は知らず知らずに毎日毒を盛られ、病気にさせられているんですなぁ。

そして病院が儲かる。

フッ素はブラックビジネスである。

 

歯磨き粉は添加物の塊であります。

もう一つの危険物質サッカリンも使用している歯磨き粉も多いです。

サッカリンと聞いたらピンと来る人もいるでしょう、はいこれも有害物質です。

それだもん、歯を磨いても磨いても虫歯になる訳だ。

 

さて気を取り直して…

フッ素や添加物が入っていない歯磨き粉は無いものか?

探すとDr.ブロナー社が出している、マジックソープに出会いました。

このマジックソープ、頭から身体、掃除や洗い物、歯磨きにと全てに使用出来る優れもの!

勿論無添加オーガニックだからできること。

このマジックソープの歯磨き粉版が発売されていましたので直ぐに購入しました。

 

Dr.ブロナー社製 オールワン トゥースペースト

f:id:kemoxxxxx:20170525110213j:image

汚れは油脂で出来ていますが、油を落とすには油で対抗すればいいのです。

このオールワン トゥースペーストには天然のヤシ油(ココナッツオイル)が入っています。

 

シャンプーや洗剤には代わりに石油系合成界面活性剤が含まれていて、その力で油を落としています。

(石鹸は界面活性剤)

界面活性剤が全て良くないとは言いませんが、少なからず髪や身肌に負担になることは事実で、髪や肌には水分が逃げて乾燥しないように油の膜がありますが、その一部を界面活性剤は壊してしまいます。

そしてカサカサな乾燥状態を作ってしまうのです。

 

対して一般的な歯磨き粉にはラウリル硫酸ナトリウムという合成界面活性剤が使われています。

f:id:kemoxxxxx:20170525122427j:image

汚れを落とすには見た目も必要であり、泡立ちが必要になってくるのです。

合成界面活性剤は非常に泡立ちが良いということです。

[泡立ちが良い=汚れを落とす]

は全く関係ありません。

ただの印象であり歯磨き粉メーカーとしては低コスト高パフォーマンスで出来る演出であります。

 

歯磨き粉は特に口の中に入れるものなんで合成界面活性剤などは出来れば使用したくないですよね。

しかも皮膚よりも粘膜の方がより浸透しますのでやっぱり見直した方が良いでしょう。

 

 

さて、Dr.ブロナー社 オールワン トゥースペーストを使います。

f:id:kemoxxxxx:20170525123142j:image

色は普通の歯磨き粉と変わりません。

うっすらペパーミントの香りですが、口に入れた時に市販の歯磨き粉の様な強烈にスーッとする感覚は無く、とても口の粘膜や歯茎に優しいです。

磨いている途中も、すすぎ時もやはり泡立ちが無いのがはっきり分かります。

もちろん発泡剤が入ってないので当たり前ですが。

 

すすいだ後、重曹うがいと同様に口内がスッキリします。

市販の歯磨き粉の様に何度もゆすがないと薬品成分が取れないということがありません。

なので、すすぎも軽くで済みます。

 

安心できる歯磨きライフを送ることが出来そうです。

これからもこの歯磨き粉を使っていこうと思います。