読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出と幾何学模様の迷路

BUCK-TICK 命 31

僕は何故、風の様に雲の様に、

あの空へと浮かぶ羽が無い、何故。

 

 

BUCK-TICKきってのヒット曲の一つ、

ドレスです。

 

やはり名曲に絡んでくるのは、作曲星野。

さすがです✨

勿論BUCK-TICKの中心世界観を描いているのは、

今井 寿他ならない。

しかしこのシングル、

1993年に発売され「ドレス」のカップリング曲は

「六月の沖縄」。

この曲の作曲も星野英彦である。

当時のBUCK-TICKシングルでは初ではないか!

星野の作り上げる曲は今井とまた一味違う。

 

自分は一味派だが、例えるなら星野は一味だ。

一味は唐辛子としてはシンプルで辛くピリッとくる。

直にズドーン!と脳内に入って来る。辛っ!!

そしてジーン…ジュワー…となる!( -谷- )

一発聴きで惚れ込めるのが星野流だ。

 

反して今井の音源は難解で複雑だ。

今井は七味唐辛子だろうw七色の音源を自在に操る。

ゆえに聴き込むと中毒性が半端ない!( -言- )

七味にはケシの種や麻の実も入ってるしね笑。

だからB-Tに今井は欠かせない。

 

ことドレスに関しては作り上げ感が半端ない。

ダークな感じといい、それに包まれるゴシック感。

まるで、

深い海を漂っているような感覚。

 

 

ドレス
歌:BUCK-TICK 作詞:桜井敦司 作曲:星野英彦


鏡の前で君とまどろむ 薄紅の指先
その手は不意に弱さを見せて 唇をふさいだ
あの日 君と約束を 交わした
今は二人 想い出せずに


退屈な歌に耳を傾け 窓の外見つめる
僕はドレスをまとい 踊って見せよう
狂ってるかい 教えて
いつか 風にさらわれてゆくだろう
今は二人 想い出せず


僕はなぜ 風の様に雲の様に
あの空へと浮かぶ羽がない なぜ
星の様に月の様に全て包む
あの夜へと沈む羽がない ああ

 

忘れないで 愛あふれたあの日々
君の顔も 想い出せずに
いつか 風にかき消されてゆくだろう
今は二人 想い出せず


僕はなぜ 風の様に雲の様に
あの空へと浮かぶ羽がない なぜ
星の様に月の様に全て包む
あの夜へと沈む羽がない ああ


僕はなぜ 風の様に雲の様に
あの空へと浮かぶ羽がない なぜ
この愛もこの傷も懐かしい
今は愛しくて痛みだす ああ

Buck-Tick - Dress [live] - YouTube

 

星野のキーボード、今井のシンセサイザー、ユータのフレットレスベース、低音で噛み合いながら進行していく様はBUCK-TICKハーモニー楽団だ。

スタートからフィニッシュまで、

どこにもケチの付けようがない。

 

あっちゃんの歌詞も素晴らしい|ω・)و ̑̑༉

冒頭から「退屈な歌に耳を傾け~♬」と、

自嘲的なフレーズをぶち込むあたり、あっちゃんならでは。

BUCK-TICK musicのlyricsを支える屋台骨になっている。

櫻井の詞は誰にも真似出来ない。 

 

2005年4月20日に「ドレス (bloody trinity mix)」

を発売した。

アニメ「トリニティ・ブラッド」のオープニングテーマ

f:id:kemoxxxxx:20170412063059j:image

1.ドレス(bloody trinity mix)

2.六月の沖縄(Live)

3.誘惑(Live)

4.ZERO(Live)

5.ドレス(Live)

 

と、まぁドレス好きには堪らんシングルに仕上がっている。

 

アルバム『darker than darkness -style 93-』

収録曲 ドレス

ドレス

ドレス