kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出と幾何学模様の迷路

エスエスブロンのやめ方・5

今日はブロン錠の離脱症状を考えたいと思います。

f:id:kemoxxxxx:20161103170351j:image 

ブロン錠には身体的依存と精神的依存があります。

精神的依存は心が薬を欲する。

身体的依存は体が薬を欲する。

 

もっとも辛いのは身体的依存である。

これは間違いない!

 

有名な覚醒剤は身体的依存は無い。

精神的依存のみである。

でも元来、精神と心がとても弱い人にとってはこちらが一番辛いという人もいる。

 

合法ドラッグに近い「酒」は、

身体的依存がとても強い。

ブロンはジヒドロコデインリン酸塩が入っている。

これはモルヒネ、ヘロインの元素記号が似ており、強烈な身体的依存を形成する。

コデイン(純粋なコデイン)

f:id:kemoxxxxx:20161103195849j:image

 モルヒネ

f:id:kemoxxxxx:20161103200005p:image

ヘロイン

f:id:kemoxxxxx:20161103200031p:image

 

以上アルコール、ブロンと、身体的依存してしまって、キッパリその日から止めるとどうなるか?

地獄の離脱症状が待っている。

 

重度のアルコール中毒でも精神病院に入れられて、発狂する姿を見たこともあるでしょう。

あれは身体がアルコールを求めて気が狂うようにジッとしてられなくなるからなんです。

f:id:kemoxxxxx:20161103170406p:image

具体的に身体的離脱症状とは?

身体から薬物が抜けていって退薬症状が始まるとやってくる。

まず脳が今まで薬物を受け入れていたので、身体に耐性がつき、脳が薬物を要求する。

その信号が各身体の器官に「薬(アルコール)を摂取せよ!」と命令をして身体へ駆け巡る、それは究極の苦痛である。

 

その離脱症状のトップは麻薬の王様、

「ヘロイン」だろう。

高熱が出て、身体四肢はガクガク震え、頭を搔きむしり、自傷行為に走り、発狂して声を張り叫ぶ。

 

日本人のヘロイン中毒者はあの快楽の為に、東南アジアやインドに飛ぶが、帰国後恐怖の離脱が待っている。

あー、考えただけでも恐ろしや…

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

モルヒネ中毒者は意外と麻酔科医にいる。

少数だが、よく聞く。

モルヒネの離脱もヘロインと似てる。

入手はヘロインよりしやすいが、でもやはり難しいか?

 

そこで手っ取り早いコデインである。

咳止めであれば処方箋で純粋なコデインを処方して貰えるが、トリップするまで大量に貯めなきゃいけない。

 

そうなると、細粒のブロンである。

ブロン錠はエフェドリンが入っているので、コデインのみの快楽は得られない。

しかしブロンはジヒドロコデインリン酸塩なので、これまた弱い。

 

だからヘロインの赤ちゃんなのである。

 

そしてブロン錠はdlメチルエフェドリン塩酸塩(覚醒剤メタンフェタミンの赤ちゃん)とジヒドロコデインリン酸塩(ヘロインの赤ちゃん)がかけ合わさることで、スピードボールとなりハイテンションになる。

これが曲者で、危険な組み合わせである。

 

具体的にブロン中毒になってやめたければ、2つに1つしかない。

結局自力でやめなさい!ということ。

 

それって、精神論じゃあないか!と思われるかも知れませんが、自分で楽をして快楽を得た代償は自らで払わなければならなりません。

 

もう1つの方法はゆっくり数を減らして減薬してゆき、最終的に断薬。

 

以上薬物をやめる方法の、僕の結論はそれしかない。

あとは周りの人達がどれだけサポートしてくれるか?だ。

 

だから興味本位でドラッグに手を出しては絶対いけない!

興味を持つべきではない!

本当に人生を破壊する力を持っています。

死ぬまで後悔するでしょう。

 

だから身近の友達に薬物の話や、やろうかな?なんて人がいたら、説得し、やめさせて下さい。

聞く耳を持たないならば、その友達とは縁を切って下さい。

あなたに被害が及びます。

 

改めて思います、薬物は恐ろしいですよ。

 

【ブロンメーター76日目】