読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出と幾何学模様の迷路

愛した映画・14

ブラックホークダウン

監督:リドリー・スコット

 

この映画は事実を忠実に作ってある。

Black Hawk Down Best Scenes (HD) - YouTube

クリントン政権アメリカ軍のソマリア内戦の介入である。

時は1993年10月3日〜4日

場所はモガディシュ市内。

アメリカ軍とソマリア民兵の市街戦。

市街戦は難しい。

アメリカ軍の被害は甚大だった。

ソマリア民兵の死には及ばないが。

 

総指揮官はウイリアム・ガリソン少将。

 

主にレンジャー部隊とデルタフォース(第1特殊作戦部隊分遣隊-デルタ)から成るアメリカ特別作戦部隊は、アイディード派の外務大臣オマール・サラッドと最高政治顧問モハメッド・ハッサン・エワレを捕らえようとしていた。「アイリーン」という作戦コードにより、作戦が開始された。

 

○レンジャー部隊は目標対象物の建物に降下し、安全を確保する。

 

○デルタフォースはリトルバードから降下し、対象人物を捕らえる。

 

ハンヴィーの車両部隊は全員を収容して基地へ戻る。

 

以上が作戦内容である。

 

僕の映画選びは監督さんをよく見る。

リドリー・スコットは巨匠だ。

彼の映画は大体観ている。

 

このブラックホークダウンもリドリー・スコット色が強く、大好きな映画だ。

暑い熱い男の男臭い戦争映画である。

 

何しろリドリー・スコットはリアル色を追求している。

宗教色もサラッとしていて無難な作り方だと思う。

 

UH-60ブラックホークという中型多目的ヘリ、

「スーパー61」が使われていた。 

タイトルにもあるブラックホークである。

f:id:kemoxxxxx:20160917102506j:image

しかし敵軍のRPG(ロケット弾)に次々と落とされる、スーパー61。

f:id:kemoxxxxx:20160917102453j:image

 

「we got a Blackhawk down,we got a Blackhawk down…」

 

印象的なセリフ、ブラックホークの墜落である。

これにより多数のアメリカ兵が亡くなった。

 

ブラックホークはスーパー61、64、67が使われていた。

そのうちスーパー61と64が墜落し、米軍は主導権を失った。

 

スーパー64の乗員を助ける為に2人の兵士が墜落現場に降りて助けると言った。

ゴードンとシュガートである。

f:id:kemoxxxxx:20161008153344j:image

2人は操縦士デュラント准尉演じる、

ティム・ロスを助ける為に戦いにヘリから降りる。

 

多勢無勢であり、暴徒が彼らを襲う。

明らかに無謀な戦いであり、2人は戦死した。

デュラントは暴行されアイディート派の民兵に拉致されるが、のちに帰還した。

 

ゴードンとシュガートはベトナム戦争以来の名誉勲章を受けた。

死人に勲章。慰めにもならない。

 f:id:kemoxxxxx:20161008153456j:image

 

MH-6リトルバードも出てくる。

f:id:kemoxxxxx:20161008153555j:image

軽汎用・強襲攻撃用ヘリである。

夜間での一斉掃射は大迫力そのもの。

やっぱ、アメリカ軍のヘリはカッコイイ。

 

地上戦で苦戦し、レンジャーとデルタフォースは散々なまで追い込まれて悪夢の一夜を過ごす。

最終的にパキスタンスタジアムに撤退し、国連軍が救援に向かうまでに至った。

 

戦いは終わらずに映画は終わった。

当初30分で終わる戦いだったが、15時間以上に渡る苦戦を強いられた。

 

戦争は悪夢であり、残酷だ。

女と子供と老いた者は逃げなければならない。

時には女も子供も戦争に参加する時代でもある。

そうなれば人は皆、死とリアルで向き合わねばならない。

 

そんな兵士達と人々の死の描写を上手く映画にした。

本当の生と死

直面する死と生。

 

まさに戦地に赴き、共に戦う気持ちになるのが、不思議な感覚だ。

とにかくとても良く出来た戦争映画、

ブラックホークダウン」である。

 

【ブロンメーター46days】

 

ブラックホーク・ダウン [Blu-ray]

ブラックホーク・ダウン [Blu-ray]