読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出と幾何学模様の迷路

愛するBUCK-TICK・22

ミュージック・音楽

〜只今ブロン絶賛断薬中24日目〜

今月ニューシングルとアルバムが発売間近ですぞ!

私は予約完了です!

BUCK-TICKファンの皆様!

f:id:kemoxxxxx:20160915001054j:image

NEW SINGLE「New World」
2016年9月21日発売!

01. New World [作詞:櫻井敦司 / 作曲:今井寿]
02. Devil's Wings -type2- [作詞:櫻井敦司 / 作曲:今井寿]

 

 

f:id:kemoxxxxx:20160915001210j:image

アトム 未来派 No.9

20th ALBUM 2016.8.28
Lingua Sounda / JVCケンウッドビクターエンタテインメント

[初回限定版A/B]共通

[通常盤]
NEW ALBUM「アトム 未来派 No.9」
2016年9月28日発売!

[収録曲]
01. cum uh sol nu - フラスコの別種 - [作詞 / 作曲:今井寿]
02. PINOA ICCHIO - 躍るアトム - [作詞 / 作曲:今井寿]
03. DEVIL’S WINGS  [作詞:櫻井敦司 / 作曲:今井寿]
04. El Dorado [作詞:櫻井敦司 / 作曲:星野英彦]
05. 美 NEO Universe [作詞:櫻井敦司 / 作曲:今井寿]
06. BOY septem peccata mortalia [作詞:櫻井敦司 / 作曲:今井寿]
07. 樹海 [作詞:櫻井敦司 / 作曲:星野英彦]
08. THE SEASIDE STORY [作詞 / 作曲:今井寿]
09. FUTURE SONG - 未来が通る - [作詞:今井寿櫻井敦司 / 作曲:今井寿]
10. 曼珠沙華 manjusaka [作詞:櫻井敦司 / 作曲:星野英彦]
11. Cuba Libre [作詞:櫻井敦司 / 作曲:今井寿]
12. 愛の葬列 [作詞:櫻井敦司 / 作曲:今井寿]
13.NEW WORLD - beginning - [作詞:櫻井敦司 / 作曲:今井寿]

[品番 / 価格]
▼初回限定盤A[SHM-CD+特典映像Blu-ray]
VIZL-1041 / ¥5,980(tax out)
▼初回限定盤B[SHM-CD+特典映像DVD]
VIZL-1042 / ¥5,480(tax out)
▼通常盤[CD]
VICL-64629 / ¥3,000(tax out)
※初回限定盤は、CD/DVD/Blu-rayの収録内容をスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス対応

[初回限定盤特典](初回限定盤A/B共通)
・豪華スペシャルパッケージ仕様
・全50ページ豪華ブックレット
Blu-ray/DVD:9/21発売SINGLE「New World」MUSIC VIDEO収録
・オーディオディスクにはSHM-CDを採用(すべてのCDプレーヤーで再生できる高品質CD)
・9/21発売SINGLE「New World」とのW購入者抽選プレゼント応募ハガキ封入
・「New World」ハイレゾ音源無料ダウンロード・クーポン封入

 

と、まぁ〜まだまだイケイケなB-Tです!

 

今日はそんな前アルバム、

〜或いはアナーキー〜から。

無題
歌:BUCK-TICK 作詞:櫻井敦司 作曲:今井寿
「胎内の愛のメロディ refrain ワタシ 浮かぶ
全身全霊です 狂いそうです ワタシ 夢を…

まばゆいSTAGEへ」

ねえママ くちづけ下さい なぜだか 寂しい
ねえママ 乳房さらし ねえママ お願い…

「胎内の心象風景 refrain ワタシ 沈む
全能です 全宇宙で千切れ ワタシ 夢を…

最後のSTAGEへ」

ねえパパ 赦して下さい なぜなの 苦しい
ねえパパ もう泣かないで ねえパパ お願い…

I'm a fool
暗闇の底 愚者がゆく
I'm a fool
気の触れたまま 愚者はゆく
I'm a fool
血塗れのまま 愚者がゆく
I'm a fool
暗闇の果てへ 愚者はゆく

Buck-Tick 15 - Mudai (live - Tour14 Arui wa Anarchy) - YouTube

 

これは2014年6月発売。

或いはアナーキーのLIVE版も発売されていたが、2年も経つのか…

早いねぇ、時が経つのは。 

母さん亡くなった年だし、思い入れのあるアルバムなんだなぁ|ω・`)

 

でもあっちゃんだけでない?若返りは。

肌ツルツル、若すぎるでしょ笑。

メンバーも若いと思うけど、なんか新鮮なんだよね、いつもBUCK-TICKってさ。

 

無題を聴くと思うんだ、暗闇に引きずり込まれそうになるダークな感覚。

負のイメージ。絶望感を感じさせる詞はまさに虚無感、だから無題なのか?

タイトルからして重たいけど旋律も重いw

重力を感じるこの曲は強大な重力をもつこの地球!?

 

とにかくリリースする毎に新鮮さを感じさせる、ネ申バンドです。

BUCK-TICKーー!!