読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出と幾何学模様の迷路

LEYTON HOUSE

当時レイトンハウスというブランドでF1に進出した。

1989年

レイトンハウス・マーチ・レーシングチーム

オーナーはレイトンハウスの、

赤城 明氏。

 

その後マーチを買収、

チーム名がレイトンハウス・レーシングチームになった。

f:id:kemoxxxxx:20160822032222j:image

この写真は89年のレイトンハウス・マーチ。

ドライバーは、

○マウリシオ・グージエルミン

○イワン・カペリ

f:id:kemoxxxxx:20160822033503j:image

BRAZIL GP でカペリが3位表彰台に輝き、エンジンはジャッドV8と非力ながらも、メカニック・デザイナーが空力デザインの奇才、

エイドリアン・ニューウェイが担当し、

エンジン競争から空力のシャーシ設計の戦争へと移行していく。

のちにエイドリアン・ニューウェイはF1の顔、中心人物となる。

 

90年FRANCE GPではイワン・カペリが、アラン・プロストに抜かれるまでトップを走り、結果2位と好走した。

 

 f:id:kemoxxxxx:20160822035827j:image

(写真は89年MONACO GP)

レイトンハウスは90年、91年と2年間F1を活動してきて、まさにバブル時代、アパレル産業中心に色々な業界に手を出して、F1界のビッグスポンサーの1社として名を連ねてきたが、バブルがはじけ、財政破綻してからF1を去ることに。

 

でもレイトンブルーは健在でしばらくマーチで出走していた。

 

エイドリアン・ニューウェイが去った後のマーチは空力設計が良く、意外と善戦することも多かった。

 

ぼくはそんなレイトンブルーに憧れて、昔レイトンハウスのTシャツとか買ったもんだ。

 

今月の頭、親友のまぁちゃんから贈り物が届いた。

箱を開くとあの懐かしきかな!

レイトンブルーのブルゾンが、、、!

パンジと一緒に(*・∀・*)

f:id:kemoxxxxx:20160824201429j:image

懐かしいなぁ〜

良いよこれ!気に入ったなぁ〜

ありがとう!まぁちゃん(#^.^#)