読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出と幾何学模様の迷路

スペースコブラ シリーズ2

今日はfigmaスペースコブラのみんなを、呼んで来て自由にさせてみます。

 

ホレ!動きなさいよ!あんた達!

俺、隠れてるからさ〜|д・) ソォーッ…

 

 

第1話 宇宙の瞳

f:id:kemoxxxxx:20160820145250j:image

コブラ「レディー!やったぜー!これだけのお宝がありゃ、しばらく海賊稼業はお休みってことだな〜」

 

レディ「まぁコブラったら。そういえば命懸けで手に入れた宇宙の瞳は何処かしら?」

 

コブラ「俺が持ってるぜい〜これはな、宇宙の法則を変える、取って置きのシロモノさ」

 

レディ「確かパンジ星の神殿で宇宙の瞳を捧げるのよね」

 

コブラ「そうだ。全ての願いを変えてくれる…どんな願いだってな…」

 

f:id:kemoxxxxx:20160820151029j:image

クリスタルボーイ「ちょっと待ちな!コブラ、宇宙の瞳をこっちへ渡すんだ。大群の海賊ギルドが迫ってるぞ、お前に勝ち目は無い」

 

コブラ「なんだ?!ボーイ、お前まだ生きてたのか?!」

 

クリスタルボーイコブラ、俺は不死身のクリスタルボーイだぞ。お前に一度は、この身体をバラバラにされたがな」

 

コブラ「なんだってえんだ!クソッ!」 

 

f:id:kemoxxxxx:20160820151541j:image

コブラ「海賊ギルドなんかに、この宇宙の瞳を渡すなんて俺はや〜だね」

 

クリスタルボーイ「ならば死んでもらうまでだ、コブラ

 

f:id:kemoxxxxx:20160820151753j:image

クリスタルボーイ「いくぞ!コブラ!」

ガチャ!

 

コブラ「あ!ちょっとタンマ!は、腹がいてえ、なんだ急に、ボ、ボーイ待ってくれ!あんた紳士だろ?ちょっと待ってくれ!昼メシの生牡蠣が当たったか〜?くそ〜いてーぞー!」

 

クリスタルボーイ「いいだろう、待ってやる、その代わり1分だ」

 

f:id:kemoxxxxx:20160820152211j:image

レディ「ねぇ、どうするの?コブラ?」

 

コブラ「どうもしやしねぇよ、奴を倒すだけだぜ……!?」

サッ!カチャ!

 

f:id:kemoxxxxx:20160820152339j:image

ズキューン!!!

コブラ「死ねぇーーーー!!!」

 

f:id:kemoxxxxx:20160820152719j:image

カキーン!!!

クリスタルボーイ「ハハハハは!!サイコガンなど私の身体には効かないのは知っておろう!コブラ!悪あがきはよせ」

 

f:id:kemoxxxxx:20160820152804j:image

コブラ「やっぱりあんたの身体にサイコガンは効かねぇのか…参った…降参するぜ、男は引き際も肝心だ。前のような奇跡は訪れないか…ホラよ…ボーイ…」

 

レディ「渡してはダメよ!コブラ!💦」

 

クリスタルボーイ「ようやく諦めてくれたか、これさえ貰えればよいのだ。オーーッ!これが宇宙の瞳か…まさに神秘なる輝き!」

 

f:id:kemoxxxxx:20160820153338j:image

クリスタルボーイ「命だけは助けてやる、調子が悪いコブラと戦っても自慢にはならない。なんていったって私は紳士だからな」

 

コブラ「…くっそ…腹がいてえ」

 

f:id:kemoxxxxx:20160820153720j:image

クリスタルボーイ「せいぜい正露丸でも飲んで、腹痛を治すんだな!それまでお前の命は俺が預かっておく」

 

コブラ「クソッ!痛すぎる!トイレ…」

 

f:id:kemoxxxxx:20160820153931j:image

クリスタルボーイ「ハハハハはーー!さらばだ!」

ブォーン!ブブブローン!!

ブローン!ブローン!ブロン……

 

f:id:kemoxxxxx:20160820154121j:image

コブラ「…ん?行ったか???」

 

レディ「シクシク…(T ^ T)…」

 

f:id:kemoxxxxx:20160820154243j:image

コブラ「レディ!悲しむんじゃねーよ…」

 

f:id:kemoxxxxx:20160820154330j:image

レディ「だって、せっかくあんなに苦労したのよ、コブラ…宇宙一の宝物よ」

 

コブラ「俺だってクリスタルボーイにゃ、あの状況じゃ、お手上げさ。なんつったってサイコガンが効かないんじゃあな…」

 

f:id:kemoxxxxx:20160820154520j:image

コブラ「泣くなよ、レディ…」

カチャカチャカチャ…

 

レディ「何?この瓶?あ!あ!!あ!!!」

 

f:id:kemoxxxxx:20160820154638j:image

レディ「キャー!宇宙の瞳じゃない!?」

じゃらじゃら、じゃらじゃら…

 

コブラ「本物はこの中に忍ばせてたってわけよ、俺だって伊達に宇宙一の海賊マジシャンじゃないんだぜぇ」

 

f:id:kemoxxxxx:20160820154914j:image

コブラ「ほら、レディ…」

 

レディ「綺麗…なんて美しいの…コブラ…」

 

f:id:kemoxxxxx:20160820155017j:image

コブラ「たまにはこのブローン錠も役に立つってんだ、だはははーー!」

カチャ…ジュッ…ボッ!!

 

レディ「最高の気分よ…コブラ…ありがとう…」

 

f:id:kemoxxxxx:20160820155248j:image  

コブラ「よいしょっと!レディ…これでお前さんを元に戻してやる!人間にな…」

 

レディ「コブラ…あなた…」

 

コブラ「さぁ、急ごうタートル号へ!海賊ギルドも馬鹿じゃない、追っては必ず来るはずだ!」

 

第1話 完

 

さぁ、片付け、片付け、(´Д`) =3 ハゥー

 おー疲れさーまーでーしたー!