kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出と幾何学模様の迷路

Amazonで本

Amazonで3冊の三国志の本を買った。

1冊はコンビニ本です。

ということは、

今月は4冊の本を買った訳ですな(  ・Д- )

 

三国志を題材に書いてる著者はいっぱいいます。

その中で高島俊男氏。

1994年に大修館書店から出版された、

三国志人物縦横談」を弟から借りていました。

f:id:kemoxxxxx:20160814070655j:image 

僕は高島氏の分かりやすくもあり、正史と演義の正確な捉え方をされた書き方がハマりました、好きなんです。

 

ただ疑問は疑問で残りますね。

武将の説明を疑問で終わらせてる部分もあり、それは本当に確かでない所が現実なのでしょう。

諸葛亮の第一回北伐を第二次大戦のミッドウェー海戦に擬えたり、なるほど…ふむふむ…です。

 

借りた本を返さなければいけないので、新たに2000年に改題され、

ちくま文庫から出版された、

三国志 きらめく群像」を買いました。

f:id:kemoxxxxx:20160814070635j:image

内容はほぼ変わっていないです。

先に出た文庫版は題名がとっつきにくかったのか?

「売れなかった」とちくま文庫のあとがきに書かれていました。

残念なのが、もっと解説して欲しかった人物が多かったらなぁ〜と思いました。(*´-ω・)

 

 

なので人物像を調べる為に渡辺精一氏の、

三国志人物辞典」を購入しました。

f:id:kemoxxxxx:20160814070718j:image

評価の星が多いのと、レビューを読んで決めました。

思った通り、読みやすく、正史と演義をはっきり書かれていて面白いです。

分厚くて、読み応え、有り!です!

千人を越える人物像と説明、出師の表も載っていました。

中心人物については詳しく書かれています。

 

演義にも架空の武将も事細かに説明されているので、武将好きには堪りません。

周倉は架空の人物ですが、演義での活躍を詳しく書いてらっしゃる。

周倉関羽の片腕である。と。

関索についても書かれている。

とにかく何度でも読み返せる、三国志武将の辞典だ。

 

そして3冊目は岩波新書から出ている、

三国志演義」を購入しました。

f:id:kemoxxxxx:20160816192826j:image

レビューから決めました、この本も。

これも当たりです!

しっかり何度でも読み返せます!

正史から演義まで事細かに分かりやすく書かれています。

これを読むと、如何に三国志ストーリーが歴史を越え、時代を越えて、見る側を魅了せずにいられないものだなぁと思うものである。

 

4冊目はコンビニ本です。

前回書いたブログです。

侮るなかれ。

しっかり書かれていますよ。

 

宝島社の本は読みやすく、

買いやすいお値段で内容が面白い!

f:id:kemoxxxxx:20160814070836j:image

しかも横山先生の名場面セレクションもありますので、ファンには堪りませんね。

お気に入りの1冊になりました。

武将紹介は170人と少ないですが、

横山光輝とのコラボで楽しませてくれます。

 これ一冊あれば暇しませんーー

♬♩♫♪☻(●´∀`●)☺♪♫♩♬

 

ブックオフとか見に行っても無いんですよね、気に入った本が。

だからAmazonで買ってしまうんです。

 

本当は実際に本を手にとり、目次を見て、中身をサラッと見てから買いたいものですが。

ブックオフ、その他古本屋は駄目ですね。

揃え無し、汚い、高い、対応悪い。

 

KindleとかiPadなどの電子書籍もありますからね。

ブックオフ、その他古本屋もAmazonヤフオクでストアとして売ってるから、売り上げとかは大差ないのかな?

 

でもね、やっぱり本は現物で手にとって見て選びたいですよね(・Д・)ノ

一応、こだわりです。

 

三国志関連だけじゃなく、いっぱい本を読むべし!読むべし!読むべし!

そして本屋さんで新刊を買う。

いいですな〜☆:*・゚(●´∀`●)ホェ:*・゚☆