読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出と幾何学模様の迷路

Zガンダム レクイエム・7

マウアー・ファラオ少尉

 名前がステキ!ファラオ様でっせ!

大好きマウアーさま。

(画像が古く見辛いですがご了承ください)

声優は僕の大好きなハマーン様も演じる、

榊原 良子様+゚。*(*´∀`*)*。゚+ 

 

登場時は第12話ジャブローの風で、

ティターンズのシャトル発進時に彼女は乗っていた。

 f:id:kemoxxxxx:20160719065945j:image

マウアーがジェリドのジャブロー脱出大ピンチを救った。

f:id:kemoxxxxx:20160719065958j:image

f:id:kemoxxxxx:20160719070013j:image

ジェリドはマウアーがいなければ死んでいた。

 f:id:kemoxxxxx:20160614034535j:image

ジェリドに向けてのストレートな優しさを持つ感情はとても温かく美しい。

マウアーは言葉通り、最後までジェリドを守ってみせた。

 

ハマーン様が登場するので、その入れ替わりとして、亡くなったの?設定?

 

マウアーの榊原様は少しだけ温かいお声。

ハマーン様はもうツンデレ

その違いも素晴らしいんですけどね。

 ハマーンさまー!

マシュマーの気持ちが少し分かります笑。

 

マウアーとジェリドの出会いはジャブロー脱出時。

マウアーは片手ひとつでジェリドの手を掴んだ(マウアー凄い笑)。

 

その後マウアーと地球で仲良くし合ったのか?笑。

カミーユが地球を脱出する前に、マウアー&ジェリドはシロッコの部隊に編成され、ドゴスギアに二人はいた。

 

そこでガブスレイという優秀な変形モビルスーツをペアでシロッコから与えられた。

ええなぁ〜ペアルックやん。

 

ジェリドへの気持ちは徐々に愛情と変わっていったマウアー。

だが、ジェリドの頭にはカミーユを倒すことで精一杯💦

ジェリド!もっとマウアーのことを気にかけてあげなあかんで!

 

 f:id:kemoxxxxx:20160719071040j:image

マウアー「無礼を承知でお聞きします、シロッコ大尉は何が狙いで」

シロッコ「私の使命は重力に魂を引かれた人々を解放する事だと思っている」

マウアー「それはエゥーゴの目的です」

シロッコ「違うな宇宙宇宙と騒ぎ立てながら、エゥーゴだって地球圏に縛られている点では連邦の人々と変わらん」

………………………………………

マウアー「それでは表面的にはエゥーゴの目的と同じ様にみえますが

f:id:kemoxxxxx:20160719073228j:image

シロッコ「戦後の地球を支配するのは女だと思っている」(女好きなシロッコw)

 最終的にはハーレムを目論んでんやろなー。

f:id:kemoxxxxx:20160719071452j:image

 

マウアーはシロッコの腹黒さを実感しながらも、ジェリドと行動を共にする。

つまりシロッコに不快感を持っていたのね。

f:id:kemoxxxxx:20160707202647j:image

 マウアー「この下士官は何者だ?まだ紹介もされていない」

(マウアー素敵やん✨)

 

また彼女もライラと似たところがあり、女戦士最強のオールドタイプ。ジェリドに恋するあたりもおんなじ笑。

 

榊原良子さまハマーン様もいいが、

優しさはマウアー(๑′ᴗ‵๑)

やっぱマウアー最強!

こんな女性いないかな?なんてさ。

 

そんなこんなで、ペアのガブスレイで初陣ですぞなもし。

f:id:kemoxxxxx:20160707203232j:image

カミーユ戦になる。

アポリーゼータが来ないとガブスレイ負けていたかも知れない、カミーユ達。

f:id:kemoxxxxx:20160707203302j:image

ガブスレイは良いMSだと思う。

ジェリドの無鉄砲さで、ガブスレイ一機撃沈。

もったいないでんがな、ジェリドくん。

ジェリドはマウアーのコッピットへ。

 

やがて2人はアポロ作戦に参戦する。

そこでジェリドを当て馬につかったシロッコにマウアーは反感を持つ。

 

f:id:kemoxxxxx:20160719025427j:image

そんな、マウアーに死兆星が輝き始めてきた。(違うアニメかw)

 

f:id:kemoxxxxx:20160719063324j:image

マウアー「何故あたしがアレキサンドリアに来たか聞かないの?本当は私はシロッコからジュピトリスにって誘われたのよ」

f:id:kemoxxxxx:20160719063341j:image

 ジェリド「君の背景の事情などはいい。今目に見えている事態を突破すれば、いつか背景にある事情も変わってくる」

f:id:kemoxxxxx:20160719063352j:image

マウアー「ジェリド!私、ガディーキャプテンがあたしを呼んでくれて、嬉しかったわ。ここに貴方がいることは分かっていたから」

ジェリド「マウアー…」

 f:id:kemoxxxxx:20160719063411j:image

マウアー「ジェリド!シロッコは何を考えているか分からない男よ、彼は!」

ジェリド「わかった。もう何も言わなくていい」

f:id:kemoxxxxx:20160719063437j:image

f:id:kemoxxxxx:20160719063448j:image

f:id:kemoxxxxx:20160719063457j:image

ジェリドとマウアーの最後の哀愁漂うシーン。

俺はこのシーンが大好きだ。

 

サイド2の危機にて、ティターンズジェリド率いるガス作戦にて、

マウアー「ジェリド、作戦、成功しても辛いわよ」

どこまでもジェリドについていく、マウアーの決意は固かった。

 

死が近づくマウアー。

ジェリド特攻にて、

マウアー「ジェリド、覚えておいてね、貴方の後ろにはいつもあたしがいるって」

 

ガディー艦長のアーガマがコロニーの残骸に隠れる作戦にジェリドとマウアーは2人組んでの隠密作戦だ。

f:id:kemoxxxxx:20160719072817j:image

作戦がハマり、アーガマを撃沈寸前まで追い詰めたジェリドとマウアーのガブスレイ。

 

アーガマを落とさず、カミーユに拘るジェリドがマウアーの死をよんだ。

 f:id:kemoxxxxx:20160719080554j:image

マウアー「ジェリド、守ってみせるって言ったろ」

カミーユのゼータが放ったビームは、

ジェリドをかばったマウアーのガブスレイに直撃して爆破した。

 f:id:kemoxxxxx:20160719080605j:image

マウアーを殺したのはジェリドと言っても過言ではない。

ジェリドよ!一体何を考えているんだ?!

 

手足をやられたジェリドガブスレイは、

f:id:kemoxxxxx:20160719080353j:image

マウアーの幻影をコックピット内で見る。

f:id:kemoxxxxx:20160719080259j:image

マウアー「ジェリド、貴方は決して負けない、貴方は世界を正しい方向に持って行くことが出来る……生き延びること、戦うこと、貴方にとって今はそれが正しい……」

 f:id:kemoxxxxx:20160719080237j:image

そして、マウアーの手を握ったジェリドの手は操縦桿を握り、

f:id:kemoxxxxx:20160719080215j:image

「マウアー、よし!マウアー!行けるぞ!」

f:id:kemoxxxxx:20160719080223j:image

と言い放つと、ジェリドはアーガマに特攻をかける。

f:id:kemoxxxxx:20160719080412j:image

 

しかし失敗し、

f:id:kemoxxxxx:20160719080128j:image

「駄目だ!マウアー!」

と戦線を離れる。

 f:id:kemoxxxxx:20160719080423j:image

ジェリドはガブスレイの残骸が漂う中、

マウアーを探す……

f:id:kemoxxxxx:20160719080147j:image

 「マウアー!何処だ?おい!」

 

男一人を愛して散った女戦士マウアー。

Goodbye.😢😢😢😢😢

 f:id:kemoxxxxx:20160719073312j:image