kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出

春翠書道教室 四十三日目

皆さん如何お過ごしでしょうか?

札幌は相変わらず夜は涼しいです。

 

さて、本日も書道教室を開きます。

いつも皆様はてなスターをありがとうございます!

 

はて?はて?

本日より七月のお題でござりまする。

「上手になる条件は好きだけではなく、それに劣らぬ努力がなければならぬ」

f:id:kemoxxxxx:20160706042510j:image

一に努力、二に努力、三、四がなくて、五に努力でございまする。

 

人間、努力すれば必ず報われます。

という七月号のお言葉でした。

 

でも申し訳ありません。

今日は!やる気ありません!

初めに言っておきます。

疲れた。

 

六月号の添削が戻ってきた。

f:id:kemoxxxxx:20160706191911j:image

まぁ、ここ止まりでしょうね。

 

七月号のお題です。

f:id:kemoxxxxx:20160706191953j:image

 

今日は生徒さんがわんさか。

自分の座る席がありません。

はい、もうやる気ありません。

 

しまいにはコピーとれだの、月謝の計算しろ、領収書切って判子押せだの。

 

もう疲れました。

こちとら仕事の帰りなんでね。

二枚だけ書いて終わりました。

 

一枚目。

f:id:kemoxxxxx:20160706192355j:image

 

二枚目

f:id:kemoxxxxx:20160706192405j:image

二枚目がいいんですが、一枚目を提出します。

ここは敢えて下手な方を出して、思いっきり添削して貰います。

こういうやり方も有りか?と。

 

僕は生徒さんでは無く、あくまでも叔母の書道教室の手伝いなんで、指導は受けません。月謝払ってる訳ではないので。

 

今日は早く片して帰ろ。

あーあ。嫌んなる嫌んなるー(。•́︿•̀。)

 

皆様、今日も一日お疲れ様でした。