kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出

ブロン中毒になった訳・4

続き
前回


ブロンにどっぷり浸かると、抜け出すのは厳しい。
覚せい剤より難しい(´・_・`)

ブロンは一種のゲートウェイドラッグで(通常の使用以外での使い方に限ってです‼︎)、覚せい剤へ行き着く訳でぼくもその経過を辿った。

覚せい剤は非合法であるから日々PCやPMに捕まる被害妄想、強迫観念にかられ、睡眠不足で頭や行動がどんどんおかしくなってゆく。

末端の使用者はルートの確保と経済的に裕福でないと続けることが難しくなる。
その分芸能人とかは金がタップリあるから、続けられるし、やめられなくなる。

だから一般人のジャンキーは、
その代用としてブロンに依存する(あくまでも一部の人だけです)。

向精神薬など抗鬱剤は圧倒的にブロンに負ける。リタリンはブロンに勝つが、処方がほぼ禁止となっている。
リタリンナルコレプシーでないと(眠り病みたいなの)処方されない。

5年もブロンを続けている人は間違いなく、やめられない人が大半だ。
何故か?それはブロンが合法であり、ドラッグストアでいつでも気軽に買えるからだ。

問題だ。
ブロン中毒者には非常に問題である。

ぼくは今、ブロンの減薬を続けているがなかなか上手くいかない。
なぜなら、量が減らないからだ。

相変わらずノートにチェックして、その日の体調を書き、錠数を見て頭を抱えている。

あるサイトで60〜70歳のおじいさんでも、未だブロン中毒っている人がいることを知って、少しビックリした。

やめられないってのは、アル中と同じ。
でも、アル中はもっと酷い。
酒に溺れると、暴力は振るうし、我を失う。

ブロンはそんな事はありません。
逆にただマッタリして大人しいですよ、ブロン中毒者は。
暴力とか絶対ないですね。
稀にいらっしゃいますがね。
DVとか絶対許せません!(๑⁼̴̀д⁼̴́๑)許すな!

でもブロンは何れやめますよ!絶対に!
タバコもやめて、吸う気全くありませんのでね。
だからブロンもやめれます!
絶対ね!
ぼくの場合はまずブロンをやめる、もう一つはパチンコパチスロをやめる!

ここでは何故ブロン中毒になったのか自分に問いかけて、考えなおすブログを書いてんですけどね。

むむむ。
f:id:kemoxxxxx:20160324025059j:image

結局のところ検証も何もできていない!
4回目なのに!
検証とも言えない!

これまでは始めたキッカケとブロンに溺れていく過程を書いただけである。

さて、じゃあまず何故中毒者に至ったのか?

使用の目的を考える。何故使うのか?

まず一つ目。
人間関係、他者とのコミュニケーションが取れないので、会話をスムーズにする為の使用。
不安障害が消える。過度な緊張など。

二つ目にイライラ、ストレスからくる身体の不調から使用してしまう。
例えば、頭痛、風邪、関節痛。
身体的な苦痛からの使用。

三つ目に退廃的な考えから、自暴自棄になり使用してしまう。
これは精神が異常をきたしているんだろうなぁ。

四つ目に仕事が嘘のように楽しくなる。
これを体感すると、ブロン無しじゃ働けなくなる。これ最悪。
仕事中にアルコールを飲んでる人と変わらない。
とにかく人が嫌がる仕事でも、とにかく楽しい。そして時間があっという間に過ぎてしまう。

以上、四つの壁は限りなく高い。
どうしたらやめられるのか?
まだ考えていかなければならない。

続く…