kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出と幾何学模様の迷路

愛した映画・12

「ファミリービジネス」

f:id:kemoxxxxx:20160125181427j:image
音楽サイ・コールマン
 
作品としては人気が無かった映画だが、
と二大スターが共演。
僕にとってはお気に入りの映画なんです。
 
ジェシー・マクマレン(S・コネリー)
ヴィトー・マクマレン(D・ホフマン)
アダム・マクマレン(M・ブロデリック)
 
主人公は3人の親子たちの犯罪ドラマ。
 
犯罪話は面白い。
でも現実で犯罪はいけない。
f:id:kemoxxxxx:20160225212836p:image
 
祖父ジェシーは前科犯のドロボー稼業。
ジェシーの子でアダムの父である、ヴィトーは子供の頃からジェシーにドロボーを教えられ前科者。
しかし、結婚してからまともな職に就きジェシーを憎んでいる。
ヴィトーの子、アダムは頭が良く育てられたが、父ヴィトーに不満を持っている。
 
始まりは母の祖父母ユダヤ教のお祭りを祝いのヘブライ語の暗唱でお祈り。
 
食事が終わり、アダムはヴィトーに保釈金800ドルを借りる。
 
ヴィトーは言う「お袋が死ぬ、前の年だった。俺がまだ7歳の時さ、ジェシーがクリスマスツリーを買いに行こうって言い出したのさ。真夜中に車で出かけたら、ガソリンスタンドの屋根に見事なクリスマスツリーが飾ってあって綺麗な光を放ってたんだなぁ、ジェシーは車を停めてこう叫んだ、”完璧だ!これにしよう!”って」
アダムは笑う。
「笑うな、最後まで聞け。ジェシーは傍の俺を見張りに立たせて屋根に登りクリスマスツリーを丸ごと盗んだ!笑うな!他にも山ほどある!あれは確かぁ、12歳の時さ、当時ジェシーはメイシーデパートで働いてて商品の盗み出しを計画したんだ、俺は学校を休んでその手伝いをさせられた。」
「それで?」
「そんなことどうでもいい!とにかく親父に近づくな!」
 
そしてアダムは法廷に行き、ジェシーと会う。
 
そしてアダムは自分のある計画をジェシーに提案する。
アダムはジェシー父親より愛してた。
計画とは研究所に行き、農業用酵母の試験管とノートを盗むだけで100万ドル。
 
盗みにはもう一人必要だった。
 
そしてアダム父、ジェシーの息子である、ヴィトーと3人で話す。
ヴィトージェシーに対して怒る。
ジェシー「ジプシーは立派だよ、少なくとも偽善者はいないからな」
そして盗みの計画を知り、ヴィトーはアダムを引っ叩いた。
 
さて、どうするのか?
 
アイルランド式の葬儀に3人は集まる
「ダニーボーイ」だ。
 
結局ヴィトージェシー、アダムとの盗みの計画に、仕方なく参加することを決める。
ヴィトー酵母の説明をしていたお前は生き生きしてたよ、ああ、分かった、分かった乗るよ」と。
 
3人の最初の乾杯のショットだ。
f:id:kemoxxxxx:20160223064021j:image
このダニーボーイもイイなぁ〜
 
研究所に3人は盗みに入るが、アダムのおっちょこちょいで失敗する。
 
アダム一人がパクられて、ジェシーとヴィトーはその場を去った。
 
ぼくは盗みとは無縁だが、3人の盗みの気持ちはわかる。
ヴィトー父親として、アダムを止めなければならなかった。
ジェシーは前科持ちのドロボー稼業だ。
 
でもアダムの計画の決心を止めることが出来なかった、他のドロボーと組ませるのは嫌だった。
 
ヴィトーが計画に乗ったのは、子のアダムを守る為に一緒に盗みをしたと言ってた。
ぼくが、ヴィトーの立場でもそうするかもしれない。
止められなければね。
 
アダムは黙秘し続け、共犯の名を明かさない。ムショ暮らしは覚悟の上。
そんなジェシーはさすが俺の孫だ、と。
 
だがヴィトーはいてもたってもいられない。
自首をしなければアダムは15年の実刑を食らう。
女弁護士は強気だ。
しかも弁護士代が高い。
 
ヴィトージェシーに突っかかる。
f:id:kemoxxxxx:20160223071136j:image
 
結局ヴィトージェシーを売り、警察に自首する。
試験管は水だった。
100万ドルなんて嘘っぱちだったのだ。
 
ヴィトージェシーの元へ、
f:id:kemoxxxxx:20160223072632j:image
ジェシーは言う、
「アダムは本当の父親を求めてたんだ!強い親父さ!」
それを聞いたヴィトーはボー然とし、外へ出て行った。
 
試験管の中が水?
おかしいと思い、ジミー・チュウが来るのを待ち伏せする。
ジェシーは教授のジミーを脅し、金をふんだくる。
 
しかし家宅捜索に来た警察に、
ジェシー「あいつ、本気だったのか」と。
 
裁判が始まり、結審。
アダムは執行猶予5年。
f:id:kemoxxxxx:20160223073208j:image
ヴィトーも自首したことで執行猶予3年。
f:id:kemoxxxxx:20160223073216j:image
ジェシー実刑25年を言い渡される。
事実上の終身刑である。
f:id:kemoxxxxx:20160223073229j:image
裁判所を後にするジェシー
ジェシー「おい!そこのハゲ判事!賄賂で捕まらないようにしろよ!同じムショにぶち込まれたら…命はねぇからな」
と、吐き捨て法廷を出る。
 
アダムは自分のせいでおじいちゃんをムショに入れてしまった罪悪感でいっぱいだった。
ジェシー「なぁに、刑が恐けりゃ最初からよせってな、ふん」
 
自分の父親を売ったヴィトーにアダムは腹を立てていた。
 
アダムはジェシーの面会を欠かさず行く。行く度に体力が衰えていくジェシー
f:id:kemoxxxxx:20160223074437j:image
ジェシーは刑務所病院に移され、幾ばくもない身体の状態になっていく。
 
そしてジェシーは亡くなった。
その一報を聞いたヴィトーは急いで、刑務所病院に行くが間に合わず、涙にくれる。ヴィトーは父ジェシーを愛していたんだろう…
このシーンはグッとくる。
f:id:kemoxxxxx:20160223074424j:image
やがてアダムとヴィトーは和解し、ジェシーの生まれ育った街、ブロンクスアイルランド式の葬儀をする。
 
アダムは言う「父さん、今までで一番楽しかったことは何?」
ヴィトー「一番楽しかったこと?」
アダム「ああ、今までで」
ヴィトー「……盗みだ、ああ」
アダム「盗み?僕もさ」
アダムは笑う。
アダムとヴィトー「大した一家だ。」
 
”ダニーボーイ”が歌われる。
f:id:kemoxxxxx:20160223075554j:image
 
Danny Boy
f:id:kemoxxxxx:20160225213349p:image
f:id:kemoxxxxx:20160223075609j:image
 
さよなら、ジェシー
f:id:kemoxxxxx:20160223075618j:image
 

 

 

 

ファミリービジネス [DVD]

ファミリービジネス [DVD]