kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出と幾何学模様の迷路

春翠書道教室 二十日目

気分が乗らない、あー明日のメンタルクリニック嫌で、嫌で。

処方箋やめられないし。
精神科医ってズルい。
投薬治療、下手したらウン十年させるんだから。

ブロンより処方箋の離脱症状は死ぬかもね。パキシルとか。
ジプレキサレスリンランドセンセロクエル、危ないよ、この薬は。

減薬なんて口ばっかりだ。
問診なんて意味ねぇんだから、薬だけ寄越せや。

メンタルクリニックの先生に不信感が。

ま、いいや、明日だ。

街に出る前に、読み切った本を売りに行った。火花、ユートピア、他。
本は読んだら、何度も読まないし、部屋に置き場所が無くなるから売って処分してる。

高い金出して買った本、全て読んだが面白いものは一つも無し。
火花なんて、なんであんなに売れてるのか不思議だわ。

あー、地下鉄嫌だ、書道教室の生徒さんも嫌。話なんてしたくない。

聞きたくもないのに、地下鉄内で大声で喋る若者達、バカ、氏ねよ。

叔母とも会話が疲れる、だからふんふん聞いたふりしてる。

地震があった。
地震なんて怖くない。
なんだ?なんだ?今日の俺はなんか不満でもあんのか?

生徒さんにコミュニケーションとろうとしても、無視された。なんだおまえら。

ヤバい、ヤバい日だ、今日は。

書かないと思ったが、習字に専念。
イライラ止まらず、ブロンを飲む。
減薬はしてるが、減らして決めた錠数は止まったままだ。
オーバーはしてない。

一月号「名所旧跡」
f:id:kemoxxxxx:20160114215447j:image
f:id:kemoxxxxx:20160114203918j:image
叔母(先生の手本)のを見て練習。
ひたすら書く。

f:id:kemoxxxxx:20160114203951j:image

イライラ。
f:id:kemoxxxxx:20160114204015j:image
なんだよこれは?

生徒さん二人と先生に指導入る。
f:id:kemoxxxxx:20160114215057j:image
文字の太さ、細さ、あと位置。
みんなどうしても太く書かさる。

筆の点を留めるのが難しい。
難関なのは、「跡」である。
「名所」と字が少しでも、重なってしまうと駄目だ。

単に右上りの横線でも、微妙に右上りの横線は違う、それが上手く書けない。
あと二回で一月号は終わりで、二月から六文字を書く予定です。

今日はイライラ。
結局清書は書けず。
これで終わり、サイテー。
f:id:kemoxxxxx:20160114215650j:image

また来週、次の教室は二十二日だ。
とても嫌だ。
あー、鬱感半端ねー。