kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出と幾何学模様の迷路

一杯のコーヒーから始まる…

夕刻、叔母の家に食事をしに行く。

やはり新年会でぼくが出なかったことを、
あーだ、こーだ皆んなで言ってたようでした。

新年会のクジ引き景品を叔母さん家でやらせてくれた。
「G」という文字。
選んでもいいよ、と言われたがクジ引き通りの景品を貰った。
その袋の中にはムーミングッズ。
ありがとう、叔母さん。

去年暮れ、叔母がコーヒーセット持っていかないか?
断ったんだが、何しろ嗜好品が無いもので今日はコーヒーをたんまり貰ってきた。

母はコーヒーが好きだった。
ブルーマウンテン。

ぼくにはまだコーヒーの違いが分からない。
たしかにインスタントと豆を挽いておとすコーヒーの違いはわかるけど。

砂糖もいっぱい貰ってきた。

今日は疲れたぜー。
一杯のコーヒー。
f:id:kemoxxxxx:20160111005433j:image

久しぶりのコーヒーが胃に染み渡る。
香りがたまらない。

やはりぼくはコーヒー好きなんだろう。
もちろんブラックだ。
砂糖は入れない。

母さんの変わりにぼくが飲んでいる。

何故だか今日のコーヒーは美味い。

明日はブルーマウンテンを飲もうか?

灯油が大ピンコ!
ストックが無い!
お金も無い!

幸い電気ヒーターと電気カーペットがあり、案外暖かい。

あー、もうこんな極貧生活はまっぴら御免のきんぴらごぼうだぜ。
叔母にも正直に全部話した。

月曜からまた習字の週でメンタルクリニックもある、行きたくねーよー。

18日にまた叔母の家か、外で外食の約束。
どうやらぼくに会わせたい人がいるようだ。
英会話の先生だってさ。

会うだけ、会ってみるか…

いや、何があるかわからない!
もしかしたら、その人つながりでジンガイ様の先生と知り合えるかも知れないし、飲みに誘えるかも知れん!

希望は大きく持とう✧❝ཻ͋≀ˍ ̗❝ཻ͋˶ フッ…キッ⚡