kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出と幾何学模様の迷路

THE MAD CAPSULE MAKETS

今でもよく聴くMAD、第1期、2期、3期…と姿を変えて行き最終的にメンバーは、

KYONO、上田剛士、MOTOKATSU、の3人になり、2006年に活動休止した。
 
欧米でも熱狂的なファンがいる。
 
パンクロックバンド、ミクスチャーハードロック、デジタルハードコア、エレクトロニックテクノへと姿を変えていくMADは魅力いっぱいだった。
今のこういったものはMADが元祖である。
 
いずれ、どのバンドも熱く燃え上がり、ピークに到達して、緩やかにその熱は冷めてゆき、活動休止、解散へとその道を辿る。
 
MADもそうだった。
MADはアルバムOSD-DISからバンド名をMAD CAPSULE MARKET'SのMARKET'Sのアポストロフィを消している。
 
僕がMADのピークと思えるのは、ミクスチャー・ロックを経由し、ISHIG∀KI脱退してからのデジタルロック音楽からだったと思う、ハードコアであり、シンセやサンプラーを使用した時期。
ここでMAD音楽は確立した。
 
その前までのアルバムは普通にハードロックしていた。
 
特に最後のアルバムCiSTm KOnFLiqTは最高のデキだった。
 
僕は最初から最後までMADが好きだった。多分再活動は無いと見ている。
 
MADに影響を受けたバンドは数知れず。
そんな昔を思い出し、今も聴いてる。
 
MIX-ISM〜PARKを出した時のMADが大好きですね。
 
7枚目アルバムのDIGIDOGHEARDROCKから180度音楽性が変わりましたからね〜
 
びっくりしました。
もちろん、この変わり方に違和感は感じなく、むしろぼくの好きな方向に向かっていったので、好きです!
 
でも昔のMAD時代も捨てきれず、
MIX-ISMのアルバムが好きで、今でもよーく聴いてます。
 
プロレタリアが好きですね♫
歌詞に惹かれます。
f:id:kemoxxxxx:20151222222236p:image
特にMOTOKATSUが大好きです!
ドラマーの中では、かなりドラムテクニックがある人です。
 
ドラマーのテクニックなど、これは上手い!と思わされたのは今でも真矢ですけど(笑)。
 
上田もKYONOも好きですよ。
KYONOの声質も好きですし、
上田はベースをギターとして弾くテクニックなど、凄い人です((((;゚Д゚)))))))
作詞作曲能力も素晴らしいですね。
 
この3人は素晴らしい組み合わせですね。
 
あとこのアルバムで好きな歌、ほぼ全部なんですけど(笑)…
多分ドラッグをテーマにした曲だと思います。
 
TOO FLAT
作詞作曲:KYONO
 
 
☆ぼくはブロンがピッタリハマってると思う(笑)。シ○ブでもいいけど、飲むのはちょっとありえないよー。
 

 

 

 

MIX‐ISM

MIX‐ISM