kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出と幾何学模様の迷路

本日のメンタルクリニック

昨日から起きてて、今日朝7時まで宇宙とサミタとモバ7。7時半頃寝る💤

10月3日は宇宙の誕生日、プレゼントに困ってブロンの予想以上の高騰、火災保険の更新料でお金がみるみるうちに無くなってった。

プレゼントでもいいんだけど、弟もお金に困ってるからお金にしようと。

一万渡そうと思ってたが、払う気の無かった火災保険が払わなければいけなくなったので、半分の五千円にしてもらった。

それでも弟は「いいよ!いいよ!こうちゃんも困ってるんだから、いらないよ!」と言ったが、無理矢理ねじ込んだ。あと、ささやかな物を今日プレゼントするつもりです。

アラーム鳴りっぱなしで、爆睡!
気が付いたら13時過ぎ!
急いで支度して、地下鉄乗って、
ダッシュ!ダッシュ!ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

何とかギリ、13時31分到着。
あー、不安だな、先生に会うの。
すんごく良い先生なんです、原田先生。

でもズバッとおっしゃる方で、こちらも言葉を選んで話すのが疲れる。
心の内の本音はキチンと言っている。
だけど、俺の場合、人生相談になっちまうんだよな…。

ドキドキ(。-_-。)うつむいて、何を話そうか考える。

先生「○○さーん」

俺「はい!」

椅子に座る。
いつも決まって、始めの言葉が「あれからどう過ごしてた?」
先生は身体を動かし、スポーツもやった方がいいという方針の人。
実際、身体は動かしてない。
正直に言う。

そして話さずにいられなかった、先月書道教室の文化祭のこと。先生は書道教室通っているのは知っている。
写メで自分の作品を見せる、、、と。
「和」と「魏延の絵」
f:id:kemoxxxxx:20151002155602j:image
ジロー、ジーッ、ジロー、ジーッ…(・Д-)…

先生「何これ!!君の作品?!凄くね?!写し書きとかじゃなくて?」

俺「は、はい、手本見ながら書きました」

先生「凄いよ、これ、この”和”なんて字、うま過ぎるよ!これだけ力強い字書けるんなら、力強く生きていけるじゃん」(先生褒め過ぎ…かえって恐縮して恥ずかしい…それに字は書けても、力強くはまだ…)

俺「い、いいえ、褒めていただくのは大変嬉しいんで、ですが、駄作です、勘弁して下さい💦」

そして今度、横山三国志魏延を見て、
先生「これ横山光輝三国志?何、これも君が描いたの?絵上手くない?俺はさぁ、体育会系でこういう文化的な能力なくて羨ましい限りだね〜これ何で描いたの?」

俺「鉛筆画です」

先生「えっ?鉛筆?凄いじゃん!実はさぁ、俺も横山光輝三国志も好きだし、特に水滸伝が大好きでさぁ、ヘェ〜こんなに絵上手いんだ、絵描くの好きなの?」

俺「あ、は、はい。だから外に出るのがなかなか、怖くて、室内で絵描いたりしてます」

先生「いや、いいんだよ!どんなことででも自分の好きなことに熱中出来るのは。俺はさぁ、こういう事苦手でさぁ、逆に憧れるんだよね」

俺「は、はい、なるべくインドアじゃなく、アウトドアを目指して…」

先生「いや、無理しなくていいよ、ただ歩くだけでいいんだよ」

その後横山光輝先生の作品の話で盛り上がった。

先生「この絵は凄い、受付の者達に見せるんだよ、先生が見せれって言ってたからって!絶対見せろよ!」

俺「あ、は、はい」(恥ずい)

先生「じゃ、また今度ねー、絶対見せろよ!」(しつけ〜)

俺「ありがとうございます、失礼しました」

トコトコ…受付へ…
俺「実は書道教室に通い始めて、文化祭がありまして先生に見せたところ、受付の方たちにも見せなさいと言われまして、これなんですが…」

受付3人「わぁ〜凄い〜字上手いね〜これは何で描いたの?」

俺「あ、え、鉛筆画なんです」

受付3人「凄いね〜頑張ってね〜」(恥ずい)

先生が横山光輝先生の水滸伝が大好きとは。
しかし今日は話が盛り上がった。
処方箋は変わらず。

はぁ、疲れた(ー ー;)