kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出と幾何学模様の迷路

プロレス回顧 5

越中率いる新日本がWAR団体に乗り込んでの試合!
後楽園ホールでのメインイベント。
f:id:kemoxxxxx:20150716085437j:image
ゴングが鳴る前にリング上は入り乱れる!
f:id:kemoxxxxx:20150716085930j:image
越中と健吾は北原にターゲットを絞り、天龍にタッチさせない。
したたかな作戦に眉をひそめる天龍。
f:id:kemoxxxxx:20150723162356j:image
この試合はジュース(出血)試合となる。
何故かWARマットで、健吾!健吾!健吾!コール。
越中越中越中!コール。
執拗なまで北原をいたぶる越中健吾組。
f:id:kemoxxxxx:20150723162459j:image
やがて場外戦になり、天龍は北原に喝を入れる(多分カミソリで、額を切った)。
f:id:kemoxxxxx:20150723162647j:image
健吾が北原をコーナーポストへ。
f:id:kemoxxxxx:20150723162743j:image
越中は依然として北原をいたぶる。
f:id:kemoxxxxx:20150723162826j:image
越中のスキをつきフロントからの北原のキックが決まり天龍にやっとスイッチ!
鬱憤溜まってた天龍は越中に逆水平チョップの嵐で猛反撃!
f:id:kemoxxxxx:20150723163037j:image
木村にも襲いかかる天龍!
f:id:kemoxxxxx:20150723163128j:image
ざまぁ見ろとばかりに天龍が吼える!
f:id:kemoxxxxx:20150723163207j:image
しかしその間に越中復活、場外戦へまた持ち込み越中健吾で天龍を攻める!
越中がコーナーポストクロスラインに天龍を振り、健吾の稲妻レッグラリアート!
f:id:kemoxxxxx:20150723163830j:image
自軍コーナーポストに引きづり越中が天龍の額を割る!
f:id:kemoxxxxx:20150723164232j:image
天龍は、たまらず北原にスイッチ。
また越中健吾に集中攻撃を受ける北原。
また天龍にタッチさせない!
f:id:kemoxxxxx:20150723164439j:image
越中健吾の親日組のクレバーな憎たらしい程の試合。
北原へ越中のヒップアタック!
f:id:kemoxxxxx:20150723164928j:image
しかしまた隙をつき北原は天龍にスイッチ。
天龍も二人掛かりでは分が悪い。
続けざまに越中のヒップアタック!
f:id:kemoxxxxx:20150723165358j:image
そこにすかさず健吾の稲妻レッグラリアートがキレイに決まる!
f:id:kemoxxxxx:20150723165433j:image
また天龍諸共場外戦へ、天龍が放送席を直撃!マサ斎藤が天龍に睨みを利かす!
f:id:kemoxxxxx:20150723165852j:image
健吾は場外戦でもつれてる間、天龍と越中の一騎打ち。
越中のジャーマン!
f:id:kemoxxxxx:20150723171037j:image
も2.5で返され、逆水平の連続から毒針エルボー。
木村がカットも分断作戦に入る、北原は健吾を抑え、天龍のパワーボム‼︎
f:id:kemoxxxxx:20150723171109j:image
越中2.9で返すも再び天龍のパワーボムで勝負あり!サンダーストームが流れる。
f:id:kemoxxxxx:20150723172022j:image
試合が決しても、越中へのパワーボムはやめない。
辻アナ「さぁ、マサさんも厳しい形相で…」
マサ斎藤「これは天龍選手もこれ以上やることないですね!」
辻アナ「天龍がまさに駄目押し!もう勝った!あなたは勝った!天龍源一郎!いやぁー駄目押しの駄目を押す!パワーボム投げっぱなし!」
マサ斎藤「天龍選手!これはいらん!」
辻アナ「マサ斎藤選手が今実況席上着を投げ捨ててリングに向かおうという構えであります!やるせない!許せない!」
マサ斎藤が天龍にタックル‼︎
f:id:kemoxxxxx:20150723172229j:image
辻アナ「マサ斎藤がいったー!天龍の胸板に思いっきり爆発したー!」
f:id:kemoxxxxx:20150723173449j:image
辻アナ「おおーっと、ここで天龍がマイクパフォーマンスであります!」f:id:kemoxxxxx:20150723173555j:image
天龍「斎藤!これは☆○×%を取ったからな!あとは新日本プロレス来い!このヤロー!長州をだせ長州を!」
f:id:kemoxxxxx:20150723173953j:image
マサ斎藤「天龍!ちょっと待て!新日本は半端じゃないぞ!*☆$%来い!いつでも来い!」
控え室へ戻った天龍。
f:id:kemoxxxxx:20150723174218j:image
辻アナ「もう崖っぷちの戦いですけども…」
天龍「崖っぷち?◎○☆%どうってことないよ」
(天龍のコメントが聞きずらいので省略)
辻アナ「この鋭い眼光の天龍さんの向こう側に見えるのは一体なんですか?」
天龍「俺が言うの?言うて語弊ないかね」
辻アナ「はい」
天龍「新日本を連れた長州、長州は最近隠れてどっかいない、反選手会同盟の影に隠れやがってって言っといてくれよ、冬眠するにはまだ早いよ、その為に太ってんのか知らんけどな。ガーっと俺が絞ってやるよ!」
f:id:kemoxxxxx:20150723181444j:image
辻アナ「新しいうねりが生じた今日の一戦天龍さんにとっては…」
天龍「確かにキツかったよ俺は、キツかった、肉体的にもやっぱり札幌の時よりキツかったよね、あいつらも何かの気持ちがあって来たんだろうけど、団結力はやっぱ素晴らしいものがあるね、ただしそれじゃあ越えられないよね、俺は。」
辻アナ「ありがとうございました」
天龍「長州に言っといてよ、待ってるからな、カッコイイセリフを待ってるとね」
f:id:kemoxxxxx:20150723180351j:image
試合を観る長州…
f:id:kemoxxxxx:20150723180418j:image
長州「おぉーう。」

新たなうねりは続く…。