kemoxxxxxの日記

kemo cityからの脱出と幾何学模様の迷路

Zガンダム 第22話シロッコの眼

前述の何度も観た映画その2
ダーティーハリーの好きなシーンと
被るシーンが印象的なシーン。

シロッコはジェリドに戦闘隊長として、
シドレ曹長、サラ曹長を部下にして、
アーガマ索敵へ向かわせる。

ジェリドはサラとシドレと初顔合わせ
ジェリドの風貌も、ダーティーハリーのイーストウッドと似ている(自分だけそう思う)。
ジェリドもダーティーハリー3での若い女性が第一線で敵、犯罪者と闘うことに対して、叱咤している。

そのシーンがここ。
f:id:kemoxxxxx:20150507002616j:image
ジェリド「お前たちのようなガキのおもりをさせられるとはな。」
サラ「お言葉ですが中尉、私は充分訓練を受けています」
シドレ「そのように言われるのは心外です!」

f:id:kemoxxxxx:20150507002643j:image
ジェリド「君たちはシロッコが選んだニュータイプ候補生だ。しかし、この手だよ、まだ汚れを知らないこんな手で人殺しが出来るのか!」

サラ「私は人殺しは致しません!」
f:id:kemoxxxxx:20150507002706j:image
ジェリド「じゃあなんでモビルスーツのパイロットだ‼︎」

サラ「戦争は、人をより良く生かす為の必要悪ですから、その為に戦うだけです。戦闘局面であっても殺さないですむ敵ならば、殺しません、、あっ!」
f:id:kemoxxxxx:20150507002727j:image
ジェリド「そんなことでは敵に殺されるぞ!」
サラ「私はまだ死にたくありません。」

ジェリド「ならなんでパイロットになった!!」
f:id:kemoxxxxx:20150507002601j:image

シドレ曹長「軍は個人的な事は問わないのではないでしょうか!」

ジェリド「わかったよ!腕を見せて貰おう、配置につけ!」

その後ジェリドはシロッコの指示を無視し、アーガマに戦闘を仕掛け、シドレ曹長を亡くした。

ジェリドはカミーユのライバル的存在で最後まで生き延びたが(カミーユからしたらライバルではないが)、ゼータでのジェリドの立ち振る舞いは好きだ。

ヤザンは登場時中尉だったが、少ししてから大尉に昇格している。

ジェリドは中尉のまま…
しかし、ジャミトフと直接話が出来るまで出世した。
ジェリドの死に方は呆気なさ過ぎて言葉も出ない。
よりによって轟沈中のラーディッシュまで吹き飛ばされるか?
例の最期のセリフ「カミーユ…お前は俺の〜!」
続きだが、全てだった!と俺は解釈している。
情けない、ゼータでは好きなキャラクターだったが、
しかしなぜバウンドドックに搭乗出来たのか?
バイアラン搭乗時は、なかなかの強さを見せた、ハマーンをしてグワダンに攻撃した時、「あの男か?」と言わせてるし、カミーユもジェリドを落とせず互角並みに戦った。
やはりサイコミュ搭載のバウンドドックに乗ったのが、あんな死に追いやられた原因と思ってる。
ジェリドはニュータイプではないからね。
もしかしたら地球で治療中にキリマンジャロの基地で強化人間にさせられたのか?とも思ったが、それは無いね。